体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

iPhone 7の登場でワイヤレス時代到来! 便利ガジェット7つを使ってみました

ついに発売されたiPhone7。イヤホンジャックが廃止されたことでのオーディオ機能ワイヤレス化が話題になりました。いや〜本当になくなっちゃったんですねー。

ついに本格的にスマホのワイヤレス時代が到来か!? ということで、今回はオーディオ関連に限らず、T&S編集部員が実際に使用してみて「これは便利!」「コイツ・・・・・・デキるぞ!」と思ったワイヤレスガジェットをご紹介します!

■デジカメの写真を撮ったそばからスマホにバンバン転送!

東芝 TransferJet対応アダプタ、SDHCメモリカード

SNSへの写真の投稿は、「スマホじゃなくて、デジカメで撮りたい」こだわり派のあなた。やっかいなのが、SNSへ投稿する際に、デジカメからスマホへと一旦、データを送らなければならないこと。最近のデジカメはWi-Fi機能が内蔵されていて、ワイヤレスでデータ転送することができるので利用している人も多いと思います。ただし、その際のペアリングに少々時間がかかる。そこでオススメなのが、「TransferJet」です。

TOSHIBA TransferJet対応アダプタUSBタイプ USB2.0(Windowsのみ対応)、Lightningタイプ、SDHCカード 16GB Class10。(以上すべてオープン価格)

このTransferJetは近接無線転送技術によって、アダプタを装着したiPhoneや、PCにかざすだけで写真や動画を高速で転送できるというもの。専用アプリをインストールしてあれば、ペアリングなどの細かい設定も必要ナシ。大至急、デジカメで撮った写真をSNSにアップしたーい! てなとき、ストレスレスかつ迅速に作業ができます。

スマホでもPCでも、非常に小型のアダプタを装着し、専用のSDカードを入れたデジカメを近づけるだけで(約3cm以内)、自動的にデータの転送がはじまる。転送データの”かぶり”はないのでご安心を

この「TransferJet」規格、USBタイプ、microUSBタイプ、Lightningタイプ、SDメモリカードタイプが発売されているので、スマホとスマホ、PCとスマホなど、自分の通信環境に応じてチョイス可能です。

※TransferJet過去記事

■ほぼゼロ距離で投影可能! スマホ画像を投射できる小型プロジェクター

LGエレクトロニクス・ジャパン「Minibeam」

LGエレクトロニクス・ジャパンのLEDプロジェクター「Minibeam」シリーズの新モデルPH450UG。本体サイズは132mm×200mm×85mm、1.1kg。77,090円

仕事から自宅での映画鑑賞にと、大画面で画像や映像を投射できるプロジェクターの有用性はご存知の通り。ところがここ数年、小型プロジェクターの進化が結構すごいことになっているのはご存知でしょうか。プロジェクターの欠点だった、「スクリーンまでの距離がそれなりに必要」が克服されているんですね。

こちらはLGエレクトロニクス・ジャパンからこの9月にリリースされたばかりのLEDプロジェクター。バッテリー内蔵で、「Miracast」や「Wi-Fi Direct」を備えた端末なら、画面をワイヤレスで投影できるというもの。

1 2 3 4 5次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。