体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最強すぎる大スター、ジェイソン・ステイサムがアクションの極意を教えてくれる! 超クールなインタビュー映像到着

エンタメ
最強すぎる大スター、ジェイソン・ステイサムがアクションの極意を教えてくれる! 超クールなインタビュー映像到着

スキルと頭脳と肉体を駆使して完璧に暗殺を遂行することから、”精密機器=メカニック”と呼ばれる殺し屋がド派手に暴れまわる『メカニック』。本作の続編にして、ブラジル、タイ、オーストラリア、ブルガリアと世界規模にメカニックが活躍するアクション超大作『メカニック:ワールドミッション』がついに日本にも上陸した。前作に引き続き、主演として華麗なるアクションシーンを披露しまくるのは、”世界最強のハゲ”ことジェイソン・ステイサムだ。この度、ステイサムの貴重なインタビュー映像が解禁された!

https://youtu.be/_hq_lt8h1aQ

人気キャラクターである、”メカニック”ことアーサー・ビショップにカムバックした理由について「親しみのあるキャラクターを独特の世界観で再び演じるのはいいものだよ。特にアーサーはユニークな男だ」と語り、ビショップを気に入っている様子を見せる。

本作のアクションについては「素手や武器を使って悪人を仕留める方法はたくさんある。それは繰り返しがちだ。だから、状況を正当化し、彼がしていることに理由を与え、少し独創的に、スマートに見えるようにする必要がある。ビショップは進みながら進歩していくような男だからね」とコメント。前作よりアクションシーンが格段にパワーアップしていることがうかがえる!!!

また、「この仕事を長年やってきたから、自分自身のスタントにやりがいを見出してきた。初めてのアクション映画『トランスポーター』以来、ずっとそうしてきた。あれが自分で仕切り、自分の手を染めた初めてのアクション映画だった。それ以来、自分でやってきた」とスタントに対する熱い思いを吐露する。さらに、「自分だけのファイトシークエンス、自分だけのスタントには大きな見返りがある。子供時代にたくさんの種類の格闘技や体操やスポーツをやって、多くの経験を積んだ。それが、こういうシークエンスやスタントをする上で自分の強みになっているんだ」と自身の長所について分析する。

アクションそのものについては「リスクは常にある。やってはいけないこともある。だから、やりたいことをさせてもらうために人に働きかける。アクションは僕が本当に楽しめる部分なんだ。僕はドラマよりもアクションのほうを好む傾向にある」と、アクションスターらしい思いを口にする。続けて、「スタントマンは素晴らしい人たちだ。まじめな人たちだから、ウマが合うんだ。彼らと一緒にいることが好きだし、彼らを尊敬している。そういう世界で、やるべき仕事を本当に楽しんでやることだよ」とスタントマンへ敬意を示しつつも、スターとして余裕の発言で見るものをシビれさせる!

ステイサムのアクション映画の極意を感じることができる、この秋、大本命のアクション超大作『メカニック:ワールドミッション』を絶対に見逃すな!

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会