ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワンプレートにすればダイエットもおしゃれも叶う!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダイエットの成功って体重が減ることでしょうか?体重にばかり気を取られ「糖質制限やカロリー制限」といったダイエットにトライしがちですが、それでは一時的に体重が落ちても確実にリバウンドしますし、代謝が悪くなって逆に太りやすくなることも。きちんと食べながらダイエットしたほうが絶対良いのです。今日は美味しく食べながらダイエットできる「ワンプレートダイエット」を紹介します。

ワンプレートにしちゃうことのメリット

その名の通り、ひとつのお皿に主食とおかず、時にはデザートも乗せてしまおうというのがワンプレートダイエット。見た目はカフェご飯みたいでおしゃれで、洗い物もお皿とスープ椀の2つで済みます。おかずの量が控えめでもワンプレートならそれなりに見えてしまうのも良いところ。お皿に乗せた分以外は食べないというルールを自分に課すことで、無駄に食べてしまうのを防ぎましょう。休みの日にワンプレート用の惣菜を作り置きしておけば、冷蔵庫から出して乗せるだけなので忙しい人にも効率的なのです。

必要な栄養素をしっかり摂るのがダイエットの極意

ワンプレートの中身は、主食、肉・魚・卵などのタンパク質、野菜の3つを必ず入れます。エゴマ油・ごま油・オリーブオイルなどの脂質も摂るようにし、インスタントで良いのでお味噌汁も加えます。炭水化物でエネルギーを、肉や魚、卵でタンパク質を、野菜でビタミンや食物繊維、お味噌汁で植物性タンパク質、そして良質な油とバランスよく栄養素を撮りながら、食べ過ぎを抑えられるのがワンプレートダイエットなのです。栄養素をバランスよくとることで、初めて食べたものが蓄積ではなく代謝されます。ビタミン、ミネラルを多めに摂り、主食をしっかり代謝させましょう。

満足感を得ながらダイエットできるのも魅力

ワンプレートのお皿は、もりもりに盛ると見た目も悪く美味しくなさそう。ちょこちょこと盛るのが見た目にもきれいで「腹八分目」を無理なく実行できるため、ダイエット効果も抜群なのです。たとえば、豚肉のソテーとサラダだけでもワンプレートにすることでおしゃれに見えちゃうから不思議。きんぴらごぼうや野菜のごま和えなどの副菜をちょこっと添えることで栄養価も高くなり、食べごたえも増えるんです。

ワンプレートだときれいに盛りたい! と思ってしまうので、彩りにも気を遣うことから必然的にカラフルな野菜も摂り入れることになります。SNSや日記に写真を載せることで、ダイエットを意識した食事とダイエット自体を楽しく続ける効果もあるんです。早速今晩からワンプレートにしてみませんか?

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP