ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】ザ・チェインスモーカーズ&ホールジーが洋楽チャート1位に返り咲き、注目のS・メンデスが初エントリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」が、2週目の1位に輝いた今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 米ビルボード・ソング・チャートで今週6週目の1位、そして全英チャートでは4週連続1位をマークし、異例の世界的大ヒットとなっているザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」。先週、先々週と惜しくも1位をイジー・ビズ「ホワイト・タイガー」に受け渡してしまったものの、衰えることのないデジタル・セールス(洋楽勢1位)、動画再生回数とTwitterポイントで、今週見事1位に返り咲いた。なお、ザ・チェインスモーカーズは早くも「All We Know feat. Phoebe Ryan」と題された新曲の発表を控えており、リリース後のチャート・アクションも気になるところだ。

 エアプレイが洋楽勢1位のものの、他指標でまったく推移していないイジー・ビズ「ホワイト・タイガー」は今週2位にランクダウン、続くレディー・ガガの「パーフェクト・イリュージョン」は3位に停滞。ミュージック・ビデオが公開されたにも関わらず、チャートに大きなインパクトは残せず、先週からデジタル・セールスが落ち込んでしまったのが要因だ。一方、今週4位のメジャー・レイザー「コールド・ウォーター feat.ジャスティン・ビーバー&ムー」、8位ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース「シー・ユー・アゲイン」、9位アリアナ・グランデ「サイド・トゥ・サイド feat.ニッキー・ミナージュ」は、着実に動画再生回数を伸ばしており、ロング・ヒットを後押ししている。

 7位には、カルヴィン・ハリスの「マイ・ウェイ」が初登場。リアーナなど、ゲスト・シンガーを起用することが多いカルヴィンだが、同曲では自身がヴォーカルを担当したことでも話題になっている。今週もう1つの初登場曲は、17位のショーン・メンデス「トリート・ユー・ベター」。全米1位を記録したデビュー作に次ぐ、最新作『イルミネイト』からのナンバーで、ショーンのソングライターとしての成長が伺える1曲となっている。なお、『イルミネイト』は次週の米ビルボード・アルバム・チャートで、1位を獲得することが予想されている。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
2位「ホワイト・タイガー」イジー・ビズ
3位「パーフェクト・イリュージョン」レディー・ガガ
4位「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」メジャー・レイザー
5位「ザ・グレイテスト feat.ケンドリック・ラマー」シーア
6位「ハッピー」ファレル・ウィリアムス
7位「マイ・ウェイ」カルヴィン・ハリス
8位「シー・ユー・アゲイン」ウィズ・カリファ feat.チャーリー・プース
9位「サイド・トゥ・サイド feat.ニッキー・ミナージュ」アリアナ・グランデ
10位「ウィ・ドント・トーク・エニモア feat.セレーナ・ゴメス」チャーリー・プース

関連記事リンク(外部サイト)

10月3日付 Billboard JAPAN 国内洋楽チャート“Hot Overseas”
【ビルボード】RADWIMPS「前前前世」、13週目でJAPAN HOT100総合首位奪取
【ビルボード】KinKi Kids『N album』、『君の名は。』を退けて総合ALチャート制覇

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP