ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

the GazettE、来年3月開催の結成15周年記念ライブで初期コンセプト“大日本異端芸者”を再定義

DATE:
  • ガジェット通信を≫

the GazettEが、9月27日千葉・幕張メッセ国際展示場ホール10にて、規格外のフリーライブ「the GazettE STANDING LIVE TOUR 16 GRAND FINALE DOGMA-ANOTHER FATE-」を開催。

この日、2015年にリリースされた最新アルバム「DOGMA」の完全生産限定盤に隠されたGOLDEN TICKET(※2月に”ENTRY CARD”と記載されたカードと引き換えが行われた)を使い、エントリーし超プレミア参加券を手にしたファンが集結。アルバム「DOGMA」を引っ提げての約1年に及ぶTOURのグランドフィナーレの夜に酔いしれた。(※昨今フリーライブはCD購入者に向け事前に告知されることが大半の中、彼らは敢えてそれを行わず、アルバム完全生産限定盤を選択した者にサプライズとして答えた形が“規格外の構想”として話題となった)

そしてこの日の終演後、15周年イヤーを迎える2017年3月10日東京・国立代々木競技場第一体育館での記念公演“十五周年記念公演 大日本異端芸者「暴動区 愚鈍の桜」”の開催をサプライズ発表。かねてより話題となっていたオフィシャルサイトTOPページに突如現れた“謎のカウンター”の答えが遂に明かされたのだ。

そして何よりも会場のファン達を歓喜の渦に変えたのは、公演タイトルに記されたthe GazettE初期コンセプト“大日本異端芸者”の文字だろう。“大日本異端芸者”とは、the GazettEが急速にその人気を拡大していった時期、彼らが“大日本異端芸者”を名乗り、掲げていたバンドコンセプトである。15年前に日本の音楽シーンに初声をあげ、現在では日本での人気はもとより、全世界にファンを持つ。

2016年春、自身2度目の世界10カ国15公演に及ぶワールドツアーも大成功をおさめたことは記憶に新しい。海外でのワンマン興行集客実績でも日本人TOPクラスに位置し、まさに“世界”を狙える数少ない日本人アーティストにまで成長を遂げている。そんな彼らをシーンの頂点へ押し上げるきっかけであり、バンドと彼等を支えるファンにとっても、数多くの景色・想い出の詰まった“大日本異端芸者”を掲げた記念ライブに、今から心を躍らせずにはいられない。

the GazettE STANDING LIVE TOUR 16 GRAND FINALE「DOGMA-ANOTHER FATE-」セットリスト
2016年9月27日(火)幕張メッセ国際展示場ホール10
SE NIHIL
01. DOGMA
02. RAGE
03. DAWN
04 . GABRIEL ON THE GALLOWS
05. VENOMOUS SPIDER’S WEB
06. CLEVER MONKEY
07. BIZARRE
08. DEUX
09. OMINOUS
10. THE SUICIDE CIRCUS
11. INCUBUS
12. LUCY
13. ATTITUDE
14. HEADACHEMAN
15. UGLY
16. BLEMISH
17. UNDYING

EN1. INSIDE BEAST
EN2. 赤いワンピース
EN3. Filth in the beauty
EN4. COCKROACH
EN5. TOMORROW NEVER DIES

WEN. 関東土下座組合

関連リンク

the GazettE オフィシャルサイトwww.pscompany.co.jp/gazette/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP