ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【独占記事】ジェイク・ギレンホールとキャリー・マリガン、ポール・ダノ監督の『Wildlife(原題)』に出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ジェイク・ギレンホールとキャリー・マリガンは、ジューン・ピクチャーズが配給し、ポール・ダノが監督と脚本を手掛ける映画『Wildlife(原題)』に出演する。俳優であるダノの監督デビュー作となる。

『Wildlife(原題)』は、米国の作家リチャード・フォードの同名小説を映画化するもので、母親が新しい男を見つけ、両親の結婚生活が崩壊するところを目の当たりにする、ひとりの少年を描いたストーリーだ。

ジューン・ピクチャーズのアンドリュー・ダンカンとアレックス・サックスは、「ポールには、生まれながらにして物を書く才能があります。私たちは、ポールと、彼の作る物語の中に洗練された視点をもたらす、素晴らしい俳優たちとのコラボレーションに興奮しています」とコメントした。

ダンカンとサックスはジューン・ピクチャーズを通じて、ギレンホールとリーヴァ・マーカーはナイン・ストーリーズを通じて、それぞれプロデュースを担当する。また、オーレン・ムーヴァーマン、アン・ロアク、ダノもプロデューサーに名を連ねる。ゾーイ・カザンとエディー・ヴァイスマンは、エグゼクティブ・プロデュースを手掛ける。WMEグローバルは、同作の米国内での権利を管理する。

脚本は、ダノとカザンが共同で執筆する。

「私はリチャードの本の中に自分自身を見、また大勢の人を見ました。私はいつも映画作品を作りたいと思ってきたのですが、特に家族に関する作品を作りたいと、つねづね考えていました」と、ダノは語った。そして、「キャリーやジェイクのように、道を切り開いてくれる素晴らしい協力者を得ることができ、これ以上の幸せはありません」とコメントした。

『Wildlife(原題)』は、マリガンとギレンホールが初めてスクリーンを共有する作品としても注目を集めている。

ギレンホールの最新出演作は、トロント国際映画祭でプレミア上映された映画『Nocturnal Animals(原題)』であり、現在は、スカイダンスの映画『Life(原題)』の撮影に入っている。また彼は、デヴィッド・ゴードン・グリーン監督の映画『Sronger(原題)』に主演するとともに、ナイン・ストーリーズを通じてプロデュースも手掛ける。

マリガンが最後に出演した作品は、2015年の映画『未来を花束にして』だ。また、彼女は最近、ジェイソン・クラークと共演する映画『Mudbound(原題)』の撮影を終えた。

マリガンとギレンホールは、WMEを代理人としている。

また、マリガンはジュリアン・ベルフレージュ・アソシエイツ、ジフレン・ブリッテナムとも代理人契約を結んでいる。ギレンホールはカルロス・グッドマン、ブルーム・ハーゴットと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP