ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ムジカ・ピッコリーノ』CD発売記念イベントが大盛況&初期シーズンの音源が発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NHK Eテレの子ども向け音楽教育番組『ムジカ・ピッコリーノ』の番組音楽を集めたCD『ムジカ・ピッコリーノ Mr.グレープフルーツのブートラジオ』の発売を記念したインストアイベントが都内タワーレコードで開催された。

子ども達がキラキラした瞳で出演者の登場を待つなか、メインテーマに合わせてステージに登場したのは、ローリー司令官の補佐役であるモレッティ連絡官(森啓一朗)。会場からは「モレッティ!」と子ども達から大きな歓声があがった。

続いて、ヒロインのアリーナ(斎藤アリーナ)、エリオット(戸松恵哉)、ポンさん(ASA-CHANG)の3人が子ども達の大きな声で呼び込まれ、「黒ネコのタンゴ」を披露。CDではチャラン・ポ・ランタンの二人がゲスト参加している愉快なナンバーだ。間奏で突如、ポンさんが激しいネコの鳴き声をあげながらステージを飛び下りると、子ども達が驚いて歓声をあげる楽しいハプニングも。

クイズで子供たちと楽しんだあとは、激しいギターサウンドとロックのリズムを奏でる和太鼓をフューチャーした力強いナンバー「村祭」で盛り上がった。アリーナとエリオットのボーカルをフューチャーした「メロトロン号でパーティー」では、「What’s Up、調子はどうだい?」と歌う二人の息の合ったラップに会場から大きな拍手が起こる。エリオットのエア・スクラッチで会場の一体感はマックスに。楽しいステージはあっという間に幕を閉じた。

番組から飛び出した出演者たちの生のライブを楽しんだ子供たちは、続いて開催されたサイン会に参加し、嬉しそうな、恥ずかしそうな様子で出演者たちにサインをもらっていた。

NHKでは『ムジカ・ピッコリーノ』の特番のOAも決まっているようなので、NHK公式サイトでチェックしてほしい。

また、番組ファンから要望の多かった2013年の第1シーズンから2014年の第2シーズンの音源が、2枚同時リリースされることも決定した。同シーズンのレギュラーメンバーは、1~4を通して出演しているヒロインのアリーナ(斎藤アリーナ)をメインに、ドットーレ・マルコ(浜野謙太/在日ファンク)、アルベルト(山口康智)、ペペ(サンコンJr./ウルフルズ)の4人。また、本アルバムの劇伴作曲と演奏曲の編曲は、『伝説のオウガバトル』『FINAL FANTASY XII』など多数のゲーム音楽を手掛ける鬼才、崎元仁(ベイシスケイプ)が担当している。詳しくはコロムビア音楽サイトでチェックしてほしい。

Photo by Mitsuko Todoroki












カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。