ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カリスマシェフがとっておきの店を教えてくれる、シェフによるグルメ口コミサイト「ChefsFeed」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

誰もが自由に投稿できる一般的な口コミサイトは、消費者のリアルな感想や意見を知る手段として有用だが、情報量が膨大なうえ、その内容は玉石混淆であり、それぞれの信憑性をユーザーが個々に判断することは極めて困難。

それゆえ、情報そのものよりも、「誰がその情報を発信したのか?」を重視する傾向が見受けられる。

・シェフによるグルメ口コミサイト

このような傾向を受け、情報の発信者にフォーカスしたクチコミグルメサイトとして知られているのが、米サンフランシスコで2012年に開設された「ChefsFeed」である。

ニューヨーク、ロンドン、バンクーバー、ロサンゼルスなど、およそ60都市を対象に、その地域でおすすめの飲食店の情報を地元のシェフが投稿。

「ChefsFeed」のネットワークにいる他のシェフからの紹介がなければ、このプラットフォームに投稿できない仕組みとなっているのが特徴だ。

一般ユーザーは、エリアや料理ジャンルのほか、シェフ名などから、おすすめの飲食店を検索したり、シェフが投稿したレビューや画像を閲覧することができる。

・世界的なカリスマシェフも参加!

「ChefsFeed」には、ニューヨークの一流フレンチレストラン「ダニエル」のダニエル・ブーリュー(Daniel Boulud)氏や、ロンドンで活躍するフランス人シェフのミシェル・ルー・ジュニア(Michel Roux Jr)氏ら、世界的なカリスマシェフも参加している。

「ChefsFeed」は、食のプロであるシェフが目利きした選りすぐりの飲食店の情報のみが集約されている点もさることながら、シェフの視点を通して、都市ごとのフードカルチャーや最新のトレンドを知るうえでも、貴重な情報プラットフォームといえるだろう。

ChefsFeed

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP