体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

欧州車じゃないけど欧州車? 大穴クライスラー イプシロンが今、猛烈にオススメな理由

▲人気薄のため日本では短命に終わってしまったクライスラー イプシロンですが、低走行物件も車両価格100万円以下で狙えてしまうその中古車は今、絶好の注目株ですよ!

▲人気薄のため日本では短命に終わってしまったクライスラー イプシロンですが、低走行物件も車両価格100万円以下で狙えてしまうその中古車は今、絶好の注目株ですよ!

エンブレムはアメリカ車、しかし中身はイタリア車

「そろそろ小じゃれたヨーロピアン・コンパクトに買い替えたいと思っている。ただし予算は100万円とか、おおむねそのぐらいで」と考えている人、けっこう多いかもしれません。年式的にやや古くてクラシカルなタイプでも構わなければ、100万円以下といわず50万円ぐらいでも探せるのが欧州コンパクトですが、「や、ウチは新しめの年式じゃないと」という場合は通常、車両価格100万円以下で探すのはちょっとキツい可能性もあります。

でも大丈夫。ちょっとだけ目先を変えて「クライスラーのコンパクトカー」を探してみてください。そうすれば、かなりゴキゲンなプレミアム・コンパクトである「イプシロン」の低走行物件が、車両価格100万円以下で手に入る可能性大なんです。

「でもクライスラーってたしかアメリカの会社でしょ? それってワタシが探してる『ヨーロピアン・コンパクト』とはちょっと違うんじゃない?」という疑問もあるかもしれません。おっしゃるとおりクライスラーはアメリカを本拠とする自動車会社でしたから、そのクライスラー イプシロンは言ってみれば「アメ車」です。

しかしイプシロンという車は、もともとイタリアの名門「ランチア」が開発および製造販売していた、紛れもない欧州産のプレミアム・コンパクトカー。それが、ランチアの親会社であるフィアットがアメリカのクライスラーを子会社化して「フィアット・クライスラー・オートモービルズ」という会社になった関係で、12年12月からは「クライスラー イプシロン」という車名で売られるようになった……という話なんです。

▲それまでは「ランチア イプシロン」として一部が並行輸入されていましたが、12年12月からクライスラーブランドとして正規輸入が始まったイプシロン

▲それまでは「ランチア イプシロン」として一部が並行輸入されていましたが、12年12月からクライスラーブランドとして正規輸入が始まったイプシロン

▲日本ではこれが「初代イプシロン」ですが、本国での初登場から数えると、この型は3代目にあたります

▲日本ではこれが「初代イプシロン」ですが、本国での初登場から数えると、この型は3代目にあたります

中身は同じなのに、ブランド変更が災い(というか幸い)して格安に

そしてそのクライスラー イプシロンですが、とっても素晴らしいプレミアム・コンパクトカーです。クセの強いデザインなので好き嫌いはあるかもしれませんが、エンブレム以外はいわゆる「イタリアン・デザイン」だけあって、実車を見てみれば面の構成も細部のあしらいも、いわゆるフツーの小型車とは何もかもが違う、個性的かつ上質な優美さのかたまりであることに気づくでしょう。

そして搭載されているエンジンもサイコーです。「ツインエア」と呼ばれる0.9Lの2気筒エンジンで、人気の「フィアット 500ツインエア」に積まれているのとまったく同じエンジンです。これが小排気量でありながら非常にパワフルで、そして独特の有機的なビート感があるため、運転していてなんとも気持ちイイのですよ。それでいてダウンサイジングな2気筒0.9Lですから燃費性能も良好で、カタログ燃費は19.3km/Lとなかなかのものです。

そんなステキなクライスラー イプシロンなんですが、欧州車マニアの皆さんというのはどうやら「イタリアのメーカーのエンブレム」が付いていることに非常に重きをおくようで、エンブレムがアメリカのクライスラーになった途端、「イプシロンも終わったな……」みたいな感じでイプシロンに対する興味を急激に失った模様。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会