ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美肌を作る“コラーゲン”がアノ食材でお手軽簡単に摂れる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“コラーゲン”がお肌にいいのは、美意識が高い女子ならだれでも知っていますよね? プルプルお肌を作るために、コラーゲン入りのサプリメントや飲料をせっせと飲んでいる方もいるのでは? 食べ物からコラーゲンを摂るには、フカヒレやスッポン、鶏の手羽先や牛筋がいいと言われています。でも実はもっとお手軽で安価にコラーゲンを摂取できる食材があるのです。

“コラーゲン”がプルプルお肌を作るのはどうして?

コラーゲンがお肌にいいということは知っていても、どうしてお肌に効くのかは知らないという方も多いのではないでしょうか。お肌は表皮と真皮、皮下組織からできていますが、その中でもプルプルのもとになるのは真皮です。真皮がしっかりとターンオーバーをすることで、いつまでも若々しいお肌が保てるのです。この真皮を構成する成分の70%がコラーゲン。コラーゲンには、お肌の水分を保持してプルプルに保つ働きがあります。でも、コラーゲンが年齢とともに減っていってしまうのも事実。ピークの20歳頃を過ぎると、少しずつコラーゲンの量が減って、お肌がカサカサに感じるようになるのです。

“コラーゲン”を簡単に摂取するにはアノ食品!

コラーゲンを多く含む食品を食べるのがいいと分かっていても、毎日、手羽先や牛筋を食べるのはたいへんですよね。そこで、是非、試して頂きたいのがゼラチンです。コラーゲンは繊維状のタンパク質ですが、動物が持っているコラーゲンを、熱を加えることで溶かして抽出したものがゼラチンなのです。つまりゼラチンを食べれば、手羽先や牛筋を煮込まなくてもコラーゲンが摂取できるということ。使いやすいパウダーや板状のゼラチンがスーパーなどでも簡単に購入できます。ゼラチンといえばゼリーですが、わざわざゼリーを作らなくても、お茶やコーヒーにそのまま入れて飲んでもいいですし、ご飯を炊くときに入れてもOKです。

“コラーゲン”と一緒に摂るといい栄養素は?

コラーゲンを摂る時に一緒に摂って欲しい栄養素はビタミンCです。コラーゲンはアミノ酸からできていますが、ゼラチンを食べるといったんアミノ酸に分解されてコラーゲンが生成されます。ビタミンCにはコラーゲンの生成を助けて安定させる働きがあるのです。また、コラーゲンには体内で生成できない必須アミノ酸のうち、トリプトファンだけが含まれていません。コラーゲンを生成するためには、トリプトファンを一緒に摂った方が効率が良くなります。トリプトファンが多く含まれるのは、穀類(ご飯、麺類、パン)、動物性タンパク質、乳製品など。お肌のためには、しっかりご飯を食べたり、肉類を食べることも必要なのですね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP