ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

画像をかわいくデコって、スマホの待ち受けやSNSのトップ画にしたい!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、友人とご飯に行ったり、遊びに出かけたりするたびに必ず写真を撮ります。私もそうなのですが、友人たちはそれをSNSのアカウント画像とかカバー画像とかにしています。見るたびに楽しかった記憶が思い出されるし、今度はみんなでどこに行こうかなと考えるとそれだけでワクワクするんですよね。
 ふと、ある友人の待ち受け画面を見たら、かわいいスタンプや手書きでコメントを書いて写真をデコっていたんです! これ、私もやりたい!(ただ、私、ちょいとつけヅメでネイルをしているし、指での落書きって慣れていないので、タッチペンを使いましたよ)
 その友だちに最初に教えてもらったのが透明度を変えるだけの落書き。いろんな色を使ったり特徴ある文字を書いたりするのは難易度が高いから、アプリの編集機能の「透明度」を使って同じ色の薄さを変えるだけのテクニックを試してみました。
 ダイヤ型やアスタリスク型のキラキラを書いているだけなのに、なんだかサマになっているように見えませんか? これなら、ぶきっちょな私でもできそう!
 
 なんだか気分が乗ってきたので、かわいい文字の落書きテクも挑戦してみました。でもかわいいギャル文字ってなかなか書けないんですよね。そんな私でもマネできちゃったのが、重ね書きテク。一発勝負で書かなくていいから、ちょっとずつ調整できるのが嬉しいところ。 
 わざと少し細めのペンを使って、ちょっとずつずらしながら2~5回重ねて書いていきます。書きながら調整できるので、少しくらいいびつでも大丈夫! むしろそのほうが手書き感が引き立つ文字アレンジです。
 ローマ字なら重ね書きしたあと縁取りを書くのもおすすめ! かたちがシンプルなので簡単にできました。重ね書きがあんまりうまくいかなかったな……というときも、これでごまかせるかも?笑

 かわいく書くコツは、拡大して書くことと、文字をあたまでっかちにすることなんだそうです。あたまでっかち加減は、数字のほうがわかりやすいかも。

 やりながら思ったのですが、タッチペンを使ったらプリクラで落書きしているのとまったく同じ感覚だったので、意外とスラスラいけました! 動画をアイコンにできるSNSもあるって知ってました? 友人に教わりながら私でもそれなりのかたちになったので、上に紹介したテクニックを使って動画も作ってみました。

 ちなみに今回使ったのは「スタイラスペンBamboo Duo」。タッチペンの逆側はボールペンになっているので、紙に練習しながら落書きできました。

 いろいろなかわいい文字の書き方があるんですが、意外と自分でできそうなものとちょっと不得意かもっていうものがあるんですよね。今回紹介したものも、やりやすいようにアレンジして使ってみてくださいね!
【Nicheee!編集部のイチオシ】
大宰府のスタバ 日本で1、2を争う人気店舗は隈研吾氏デザイン
青森・弘前のスタバがステキ! 元陸軍官舎で大正ロマンの香りただよう
イタリアに「スタバ」が1店舗もない理由

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP