ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国産スポーツカー人気再燃 アピールしたいオヤジ世代に照準

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いま国内の自動車市場は、実用性を重視したミニバンや価格も手ごろになったエコカー、軽自動車などが販売の主戦場となっているが、小規模ながら究極の走りを追求した高級スポーツカーも好調な売れ行きを見せている。

 日産自動車ではスポーツカーの象徴「GT-R」を2007年のデビュー以来9年ぶりに大幅改良。今年7月下旬に新モデルを発売したところ、車両本体価格996万円~と高価格帯ながら、わずか1か月で年間の販売計画800台を超える受注を獲得した。

 また、ホンダからは1990年に発売し、バブル絶頂期に人気を博したスーパーカー「NSX」の2代目が四半世紀の時を経て登場。なんとGT-Rの倍以上する2370万円~と目が飛び出るほどの価格にもかかわらず、受注開始の8月25日から2週間足らずで年間販売計画の100台を突破した模様だ。

 だが、売れているといっても年に百台単位でしか販売台数が見込めないプレミアム市場で、十分な収益が見込めるのかは疑問だ。ジャーナリストの福田俊之氏がいう。

「昨年1年間、日本で2000万円以上のクルマは400台ほどしか売れておらず、ホンダの役員自ら『新型NSXは限られた富裕層しか手が出せないだろう』と、いわば採算度外視の意気込みで発売したと話しています。車体価格だけでなくメンテナンスなど購入後の維持費もかかりますからね」

 2代目NSXは開発拠点・生産ともに米国ホンダ(オハイオ州)で行っているため、海外市場を狙ったクルマともいえるが、だからといって日本市場を見切っているわけではない。近年、じわじわと国内のスポーツカー人気が再燃しているからだ。

 トヨタ自動車「86」、スバル「WRX」、マツダ「ロードスター」など小型を中心としたスポーツカーが次々と投入されて話題を集め、ホンダも軽スポーツカー「S660」でユーザーの手応えを掴んできた。

 現在のスポーツカー人気の要因は、トヨタ86が200万円台で購入できる価格設定をしたように、庶民でも手が届きやすくなったことが大きいが、前出の福田氏は「安ければ飛びつくというカテゴリーでもない」と話す。

「スポーツカーを選択する客層は、若かりし頃にスポーツカーに憧れた50代、60代のオヤジ世代がほとんどです。

 仕事や子育てがひと段落し、ファミリーカーを卒業して純粋に走りを楽しみたい人や、個性的なクルマであちこち出掛けて自分をアピールしたいアクティブシニアは一定数います。

 そうしたシニア世代はクルマの乗り換え予算にも余裕があるので、本当に気に入ったデザインや走る楽しさが実感できるスポーツカーが見つかれば、値段に糸目はつけないでしょう」(福田氏)

 走りにこだわるオヤジ世代の根強い支持を受け、スポーツカーの裾野がさらに広がれば、国内のクルマ離れに歯止めをかけられる可能性もある。GT-RやNSXといった最高級モデルは、そのフラッグシップ的な存在といえるだろう。

【関連記事】
【TMS2015】ホンダが威信かける新型NSXと純白スキニー美女
【東京モーターショー】日産新型EVに華添えるグラマラス美女
【東京オートサロン】日産X-TRAIL改とレッグウォーマー美女

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP