ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「子どもが成長しても、ずっと夫婦で楽しくいられるように」パパに知っておいてほしいこと by 須藤暁子

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:akasuguedi:20160920081450j:plain f:id:akasuguedi:20160919142423p:plain

ご主人にも、どうか伝わってほしいなと思うことがあります。

奥様が出産されて、きっといろんな事が変わりましたよね。

ごはんのメニューや「いってきます」が変わる。

夜帰ると寝ていたり(しかもとんでもなくはだけていたり)、

泥棒でも入ったかというお部屋だったり、

外食もろくにできなくなるし

寝かしつけ中に音をたてたら怒られるとか。

『「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉』より

我が家も初めはそうでした。主人からすると、なんて理不尽なんだと思っていたことでしょう。良かれと思ってとった行動も喜ばれなかったり、奥様は赤ちゃんに夢中で自分はないがしろにされているような…。

産後は奥様が豹変してしまったように感じるかもしれません。

でも、産後の変化は子どもを守るための動物的な本能で、ホルモンのせいでもあるんです。

だから今は少しだけ、長い目で見てほしい。

ぎくしゃくした時期もあった我が家ですが、少しずつ二人の時間を捻出する努力ができるようになり、話したり、TVをみたり、お菓子を食べたりする時間が楽しみになっていきました。

主人のほうも、私と過ごすことを楽しいと思ってくれたのか、「こんな映画やってるよ」とか「ここいってみよう」とか、声をかけてくれるようになりました。

あなたがめげずに好きでいてくれる、その自信は、彼女の一番の追い風です。

あなたが選んだ、あなたを選んでくれた、

あなたの子どもを産んでくれた、大切な人だから。

ね、

大切な、

たった一人の奥様だから。

『「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉』より

主人がちゃんと私を見て、客観的な意見や独創的な意見をくれることで、自分はブレずにどこまでも進んでいけます。

彼一人でも私の味方でいてくれることが、自分の人生の宝です。

ずっとそんな気持ちでいるためには、やはり大切な人を「ちゃんと」大切にしなくてはいけません

子どものために、というのもいいですが、夫婦がお互いを尊敬できたり、愛しあって大切にしているところを見せてあげることのほうが、子どもにもいい影響になっていると思います。 関連記事:「子どもが生まれて、パパを大切に思えなくなった」そんな時に思い出したいこと by 須藤暁子

f:id:akasuguedi:20160920125459j:plain

子育て奮闘中の母ちゃんドクターが書いた「男の子ママ」の悩みをぶっとばす言葉(KADOKAWA)/須藤暁子(著)

2歳と4歳の男の子を育て、医師として働く 著者が、まさに「今」、育児奮闘中のお母さんに向けて書いた言葉集。「今日も子どもを生かせたら、それだけであっぱれだ。」「忘れ物?子どもじゃなきゃいいんさ。」などなど。「泣ける!」「元気になれる!」と、共感必至の 言葉の数々。「この本が、隣にある本当に 大切なものに気付き、悩めるお母さんにとって、ほんの少し心を軽くしてくれるおくすりで ありますように」という願いを込めた1冊。

関連記事リンク(外部サイト)

「子どもが生まれて、パパを大切に思えなくなった」そんな時に思い出したいこと by 須藤暁子
『やりかたがわからない』だけなのかも! 夫が育児参加するようになったきっかけは…
パパ ありがとう

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。