体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

感動のスケールがケタ違い!チリ観光おすすめ12選

感動のスケールがケタ違い!チリ観光おすすめ12選
Photo credit: Dag Peak via flickr cc

Photo credit: Dag Peak via flickr cc

こんにちは。Compathy MagazineライターのHideです。大自然好きもびっくりの、とっておきのチリの観光情報をご紹介します。チリはイースター島やパタゴニアなど大自然の雄大さで知られる国ですが、世界でブレイクしているチリワインや新鮮な海の幸も、グルメな旅行者たちの羨望の的。ぜひログブックの情報を参考にしてチリをめざしましょう!

1. 「チリは赤道近くから南極まで」の大スケール

Photo credit: Douglas Fernandes via flickr cc

Photo credit: Douglas Fernandes via flickr cc

チリの雄大な自然は、その独特の地形にあります。チリは太平洋とアンデス山脈にはさまれた細長い国で、東西は180km、南北は4,300km。赤道近くから南極までをカバーするほどの大スケールです。 ユネスコの世界遺産として登録されたイースター島を始め、北部には世界でもっとも乾燥した砂漠といわれるアタカマ砂漠があり、首都サンティアゴのある中央部にはコロニアル様式の建物も美しい田園地帯、その南部には森と湖の湖沼地帯、トレッキングのメッカであるパタゴニア、さらにはフィヨルド、氷河があります。 また、チリは他の南米諸国に比べて治安がよく、住民も気軽に声をかけてくるほど陽気。しかも、チリといえば世界中のワイン愛好家に人気のワインも魅力です。首都のサンティアゴ近郊にはワイナリーも数多くあって、特におすすめ。長い海岸線をもつ国だけに、魚介類も新鮮なので、魚介類のスープや生ウニをつまみにぜひチリワインを堪能してください。

チリ
チリ政府公式Webサイト:http://www.sernatur.cl/
チリ政府公式Webサイト「チリ・トラベル」:http://chile.travel/

2. 世界の果て。謎の孤島、イースター島

Photo credit: Ik T via flickr cc

Photo credit: Ik T via flickr cc

ラパ・ヌイ島としても知られるイースター島は、太平洋、ポリネシア諸島の東端に浮かぶ絶海の孤島。南米最南端のチリからさらに約3,700km離れていて、まさに世界の果て。 ラパ・ヌイとは現地語で「大きな島」という意味で、北海道利尻島とほぼ同じ大きさです。イースター島には、重さ10t〜90t、高さ3m~30mの巨石像モアイがそびえ立ち、モアイ像はユネスコの世界遺産に指定されています。しかもその数は1,000体ぐらいあると言われ、何のために、どうやって造って運んだのか謎が多く、未だ解明されていません。世界の七不思議の1つといわれています。 また、島内各地には、モアイ像だけでなく、モアイ信仰が終焉を迎えた次に起った鳥人儀礼(マケマケ信仰)の際に使われたレリーフや洞窟といった見所もあります。イースター島には日本からの直行便がありませんので、島に宿泊し数日間かけてじっくり観光したいところです。イースター島にはホテルやレストランや土産物店もありますので、快適に旅行が満喫できます。

イースター島(Easter Island)
住所:Valparaiso,Chile

3. 圧巻のモアイ像、ラノ・ララク

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。