ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android用Chromeでデータセーバーの動画サポートを発表、WEBページのダウンロード機能やおすすめWEBページの提案機能も追加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 9 月 26 日(現地時間)、Android 用 Chrome ブラウザで提供しているデータセーバー機能で動画をサポートしたことや、今後のアップデートで WEB ページのダウンロード機能と新しいタブのおすすめ WEB ページ機能を提供することを発表しました。「データセーバー」は古くから実装されているデータ通信量の節約機能です。データセーバーでは WEB ページを圧縮してダウンロードすることにより、最大で 60% の通信量を節約することができます。それに加えて、最近では動画の圧縮をサポートし、MP4 形式の動画ファイルなら最大 67% も少ない通信量で視聴できるとしています。WEB ページのダウンロード機能は現行の Beta 版では提供中です。ツールバーの「↓」アイコンをタップすると、画像や動画を含む WEB ページ全体がダウンロードされ、独自のダウンロード画面で管理できるほか、WEB ページのリストをタップすると新しいタブで表示できます。おすすめ WEB ページ機能も Beta 版に実装されており、試験機能のオプション画面で「有効」にすると利用できるようになります。この機能では新しいタブを作成すると、Google 検索バーやよくアクセスするサイトのアイコンの下に閲覧履歴に基づくおすすめページが表示されます。Source : Google

■関連記事
QooMo、デジタル魚拓のオプションサービスとしてオリジナルのスマートフォンケース制作を開始
DMM mobile、 スマート留守電とDMM Wi-Fi byエコネクトのオプションサービスを提供開始
Flybrix、レゴで組み立てAndroidで操縦できる小型ドローン「Flybrix Kit」を海外で発売、日本直送にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP