ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老化を撃退! 夏のダメージ肌に効く食べ物って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜朝6時からの番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」。9月27日(火)のオンエアでは、ダメージ肌対策にピッタリの食べ物を紹介しました。

夏の間に紫外線でダメージを受けた肌は、乾燥する季節になる前に回復しておかないと、シワやシミ、たるみの原因になるそうです。そしてそんなダメージ肌の対策には「納豆」が良いのだとか!

なぜ納豆が肌におすすめなのか、医学博士でアンチエイジングドクターの日比野佐和子先生にお話を伺いました。

「納豆は良質な大豆タンパクを含んでいるのと、納豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンと類似した構造をしているので、同じ効果が期待できるんです。あと納豆菌という、腸内環境を良くする善玉菌や乳酸菌などを増やす効果も期待できるんです」

とのことでした。そこで、先生のおすすめの「納豆を食べるタイミング」について伺いました。

■朝食時に食べる
良質なタンパク質は夜の睡眠にも影響します。朝、納豆を食べると、睡眠を促すホルモンのセトロニンが15時間後に分泌されるため、朝食時に食べておくと良いです。

■夕方にも食べる
一方で、納豆には血液をサラサラにしてくれる納豆キナーゼが含まれています。これは摂取してから5〜8時間後に効果が現れるため、夕方に食べるのもおすすめです。

ちなみに日比野先生は、朝と夜、もしくは昼と夜に、味噌汁に入れたり、蕎麦に卵と一緒に乗せたりして納豆を食べているそうです。特に蕎麦はアンチエイジングに効果が期待できるルチンが多く含まれているそうなので、一緒に食べたら一石二鳥ですね♪ みなさんもぜひ参考にしてみてください。

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。