ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グランド花月が東京に! 川畑座長&NON STYLE&横澤夏子が語る新喜劇の凄さ 「ベテランさんは台詞を覚えていないですからね」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
グランド花月が東京に! 川畑座長&NON STYLE&横澤夏子が語る新喜劇の凄さ 「ベテランさんは台詞を覚えていないですからね」

日本におけるお笑いの文化を確立した、なにわの看板寄席”グランド花月”が9月29日から4日間、東京にやってくる。ボケに突っ込み、全員でずっこけるという本場大阪テッパンの技術を50年以上育み、多い日には1日8公演(!)行われることもあるという。永らく新喜劇を率いてきた川畑泰史座長と、今やすっかりなにわ節を東京トーンに変換しブレイクしたNON STYLE(石田明、井上裕介)、さらには新喜劇に憧れを見せる売れっ子芸人・横澤夏子という異なる芸風を持つ彼らに、互いの芸風をどう見ているのか?独自のスタイルを貫くお笑い談義に花が咲いた。

――大阪の新喜劇をそのまま東京で披露するということは、もうホームの感覚ですか?

川畑泰史(以下、川畑):そうですね。ネタとかに関しては、ほんまにいつもとまったく同じでいく感じですけど、意気込みはめちゃめちゃありますよ!すごいプレッシャーも感じてますし、すでに緊張もしてます。大阪までなかなか足を運べない方に、ほんまに来ていただけたらなって。

――川畑座長的には、後輩たちの躍進をどうご覧になっています?

川畑:NON STYLEは頑張ってたところを、大阪からずっと見ていますからね。ほんまに頼もしいです。僕らは大阪でしかやってないんで、こんだけ東京で活躍してくれてる同じ事務所の人がいてはるから、こういう機会も得られるわけですし。横澤なんかドラマにも出てますし、どれだけありがたいかってことですよね。もっと行け!って思ってますよ。

――花月では1日3~5公演もあるそうですが、しんどくないですか?

川畑:前の晩よう寝るくらいしか…あとはケアのしようがないですよね。
井上裕介(以下、井上):5公演とか絶対嫌ですけどね…。
石田明(以下、石田):めっちゃ大変ですよね。
川畑:正月は8公演とかあるから。
横澤夏子(以下、横澤):えっ!
井上:俺、そんなスケジュールやったら「人の体を何や思てんねん」って言う。もう若くないですからね。

――川畑座長は、井上さんのような気持ちはまったくないんですか?

川畑:いや、しゃあないっすからね~。
井上:だって、俺らや夏子とかも出番が(漫才なので)5~10分じゃないですか。新喜劇、1時間ありますからね。俺、無理っすわ。
横澤:ずっと出ずっぱりですしね。
川畑:でもねぇ、思ってるほどしんどないですよ。新喜劇って自分しゃべったら何回かあってから自分回ってくる、みたいなんあるから、9人制のバレーボールやってるみたいなところあるんです。でも、漫才って1対1でバレーボールしてるみたいな感じなんですよ。「せわしな!」思て。尋常やないと思いますわ。

――それでいくと、横澤さんはお一人でのパフォーマンスですね。

横澤:私、掛け合いがすごく苦手なんですよ。ずっと一人で架空の人としゃべってるんで(笑)。新喜劇は相手の台詞も覚えなきゃいけないじゃないですか。すごい大変だなって。
川畑:いやあ、新喜劇って稽古の日が決められてるから、ある種しゃあなしで行くんです。一人の人が大変なのって、自分だからサボろう思ったらなんぼでもサボれるし。なあ?
横澤:私、街中で電話とかしてるふりして練習したりします。
全員:へえ~~。
井上:えらいなあ…。
石田:すごい。
横澤:どこでもできるんで。だからバイトもいつでもできるので、というのもあります。…なんか、いい子みたいになっちゃって(笑)。
井上:そんなんしてるから、今、花開いてんねんやって。

――気になるNON STYLEさんの練習法は?

井上:俺は練習嫌いやし、ネタ合わせしたないし、1日何本も舞台するの嫌やし、ずうっと文句言ってる感じっす。特に、俺は石田じゃないとこの世界やってないです。
石田:こいつ、ポジティブなんか、かけらも持ってないですよ。こいつほどネガティブなやつ、いない。
全員:(笑)。

――石田さん、全然笑っていませんね(笑)。

石田:僕、井上と出会ってから1回も井上の言うことで笑ったことないですから。昔から関係性でそうですから。「面白いこと言うてはるな」って思っていますが、僕、もともと人の言うたことで笑うやつじゃないので、すいません(笑)。
川畑:(大笑い)

――本番中にネタが飛んだりすることはあるんですか?

石田:ありますよ。
川畑:新喜劇は、ほぼベテランさんは台詞を覚えていないですからね。
横澤:えっ、どうなるんですか?
川畑:極力ごまかそうとするんやけど、ごまかされへんときは、「この人、飛んだ」みたいな話になったりとか。
井上:そこは座長の腕の見せ所ですよね。
川畑:見せ所やけど…、多いっすよね最近、ほんまに。

――NON STYLEさんの場合は、飛んじゃった場合どうするんですか?

石田:ふんわり次の展開に…。
井上:覚えているほうがもっていくしかないですよね。最悪、漫才なんで「もうええわ」言ったら終わりますんで。その辺が新喜劇とは違っていい意味で自由ですよね。ほかに迷惑をかけることがない。俺らはすべったらすべったで自分に返ってくるだけですけど、新喜劇の場合はその後のバトンがね、腐ったバトンになるから。
横澤:…怖い!

――話を聞いていると、新喜劇と漫才、ピンでのネタなど一口にお笑いと言っても、向き合い方が全然違いますね。

井上:新喜劇はどっちかと言うと、テレビの収録に近いです。テレビの収録は団体芸なので。

――AOL読者はサラリーマンが多いのですが、代表して横澤さん、ぜひメッセージをお願いします。

横澤:いつも、婚活パーティでお世話になっています♥
全員:(笑)。
川畑:実物のほうが2割増かわいい。
横澤:太字で書いてください!
石田:でも3割増でうざいです(笑)。
横澤:プラマイ、マイナス…。

――では仕切り直しで、川畑座長、一言お願いします。

川畑:読者さんは、働き盛りの世代で一番小金も持ってはりそうなんですけど、奥さんに握られたりとかで、自由になるお金が少ない世代でもあると思います。そんな小遣いで、われわれ同世代のおっさんらが、アホなことをしてる姿をぜひ見にきて、明日の活力にしてください。(取材・文・写真:赤山恭子)

「東京グランド花月」は9月29日(木)~10月2日(日)、サンシャイン劇場にて公演。

■「東京グランド花月」公式サイト
www.yoshimoto.co.jp/tgk/

関連記事リンク(外部サイト)

世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
パンクヒーロー・横山健のMステ出演がカッコよすぎる「若い子にバンドに興味もって欲しい」
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
スパイダーマンが「ドクター・ストレンジ」に登場か?来年公開のMCU作品を一挙大胆予想!

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。