ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【よりディープに、より自由に】馬喰町バンド 5thアルバム『あみこねあほい』をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ゼロから始める民俗音楽」をコンセプトに結成された3人組、馬喰町バンド。

全編に新楽器を導入して「よりディープに、より自由に」進化を続ける彼らの最新作『あみこねあほい』が11月9日に発売されることが決定した。

今作で通算5作目となる本作品は、 民謡やわらべ唄などオーガニックな感じという今までの馬喰町バン ドのイメージを覆す作品。自作楽器・担ぎ太皷「遊鼓(ゆうこ)」は、 アルバム毎に進化を遂げ、唯一無二のリズムと音を作り上げ、 今作では前作に登場した桶太皷のボディーにギターと三味線の合いの子の音を奏でる自作楽器「 六線」のエレキバージョン「エレキ六線」を制作。独自の音を追求し、今まで以上に音の境地に挑み進化し続けている。更に今作では「新時代ラップ」を取り入れ、 今まで聴いたことのないジャンルのラップを披露し、 聴きごたえのある渾身の一枚となっている。

——————————————————————————

言葉とリズムが五線紙をはみ出し、自由気ままに遊んでいる。アジアの風土に根ざしたディープなトラッドであると同時に、最先端のポップスでもあるという馬喰町バンドの音楽性が過去最高の濃度で結晶化。阿呆陀羅経などかつての日本の芸能に宿っていた言葉遊びの感覚が ラップを通じて蘇ったかのようなちょっと異常な曲も数曲。驚きとひらめきと確信に満ちた最高傑作! 大石始(ライター)

——————————————————————————

9月28日(水)下北沢440を始め、東京でのライヴの予定も決定しているので、この機会に数々の音楽祭への出演で評判を呼んでいる彼らの音楽に触れてみてほしい。まずは現在公開中のアルバム・トレーラー映像をチェックしてみよう。(岡本)

馬喰町バンド
5thフルアルバム『あみこねあほい』
2016年11月9日(水)発売
販売価格:2,300円(税抜)
レーベル:HOWANIMALMOVE
流通:(株)スペースシャワーネットワーク

全8曲入
〈収録曲〉
1.ホメオパシー
2.在処
3.色の話
4.ネタにはしない
5.ここまでおいで
6.未来
7.愛なのかいな
8.あの日の君は

【東京近郊のLIVE情報】
9/28@下北沢440
10/13@月見る君を想う
10/16@茨城・八豊祭出演
10/30@熊谷・国営武蔵丘陵森林公園
10/31@渋谷7th Floor
馬喰町バンド×7th Floor3ヶ月連続共同企画「たびのはなし」第3回目
ゲスト:中村佳穂
11/6@西荻窪
11/8@阿佐ヶ谷

馬喰町バンド5thアルバム「あみこねあほい」2016.11.9 On Sale!

https://www.youtube.com/watch?v=QmBwYHEK700&feature=youtu.be

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。