体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「生きてました」メトロノームが再起動、Zepp Tokyoでワンマンライブを開催

「生きてました」メトロノームが再起動、Zepp Tokyoでワンマンライブを開催

2009年に渋谷C.C.Lemonホールでのラストライブを以て無期限活動休止して7年、2016年9月19日Zepp Tokyoにてワンマンライブ「Please Push Play」でメトロノームが再起動した。

Zepp Tokyoは2階席まで超満員の観客で埋め尽くされ、どれだけメトロノームの復活を望んでいたかを伺い知れるほど開演前から熱気に包まれていた。ステージ上のスクリーンに映し出されたデジタル時計が時刻を刻み、ファンは5秒前から大きな声でカウントダウン。

開演時間である”“17:30:00”になったところで一瞬暗転、照明がつくと同時に定位置で演奏をするメンバーが姿を現し、“メトロノームだっ!”というシャラクの第一声でさらに大きな歓声が上がった。1曲目を飾ったのは「残念僕の人生」。シャラクが“いくよ!”と呼びかけ、“僕の人生”に続いて“残念!”と叫びながらこぶしを振り上げるファン。曲中、シャラクは“ただいま!!”と連呼した。

“準備はいいかい!いきますよ!”と呼びかけるとステージ前からスモークが吹き上がり、「プチ天変地異」でさらに疾走していく。タイトでいてパワフルなリズムを叩き出すサポートドラムのユウイチロー(第7期メンバー)。アタック感のある低音ベースを刻むTALBO 02のリウ。不思議な動きをしながらソリッドなギターを弾くTALBO 01のフクスケ。

ネガティヴな歌詞をハイトーンボイスでポップに歌うVOICECORERのシャラク。そんな“これぞメトロノーム”という音世界に、7年間、眠っていた細胞が一気に覚醒する。ただ懐かしいのではなく、過去の曲たちが現在の彼らよってより良くリサイクル。この7年間メンバーそれぞれが各バンドやユニット、サポートとして活動していたため、バージョンアップされた演奏力によってさらに輝きを増して生まれ変わったのである。イントロが流れる度にファンは歓声を上げ、シャラクと同じフリをしたり踊ったりして一体感を生んでいった。

“こんばんは!高いところから失礼します……”と挨拶し、“だいたいの人が7年ぶりだと思うんですけど。……生きてました”とシャラクが言うと大きな拍手が沸く。たどたどしいMCは7年前と変わらず。“僕らは7歳、年を取ったわけですが、言い訳じゃないけど先に言っておくね。地獄のセットリストです”と言ってファンを爆笑させながら大喜びさせた。

「僕の右脳 猿の左脳」ではループするリズムとギターリフに乗って一斉に踊り出すファン。“いい歳なんだからケガがないように”と注意を促し、ハードなナンバー「不機嫌なアンドロイド」へ。気合いの入ったフクスケとリウのかけ声を聴かせ、間奏ではリウが凄まじいスラップ・ベースを弾き出し、フクスケはテルミンに妖しげに気に両手をかざして音曲を奏でた。

SEが流れる中、“コンバンハ、メトロノームデス”とロボットボイスが1人ずつメンバー紹介し、最後に“第10期メトロノームデス”と言うと、メンバーそれぞれ違う方向を向き、ユウイチローは電子ドラム、リウはキーボード、フクスケはパッド、そしてシャラクはキーボードを弾きながらボコーダーで「thank you for my everyday」を演奏した。続く「ハロー」では“ハロー ハロー♪”とファンも一緒に歌い、右腕を斜めに振り上げるフリも皆ピッタリだった。

“どうも相変わらずです。えっと、久しぶり過ぎてボクがどんな人物だったのかなかなか思い出すことができず。何て言うんですかね?……大人になりました”と言って笑いを誘うシャラク。そして2日後の9月21日、約9年ぶりとなるニューシングル「解離性同一人物」のリリースを報告し、ファンに“よっ、メジャーデビュー!”を何度も強要。そしてシャラクは今まで両親に“メジャー流通”という言葉で濁してきたことを暴露し、謝罪した。“メトロノーム初のメジャーデビューシングル”と強調して「解離性同一人物」を初披露し、最新のメトロノームサウンドを聴かせた。

“おまえら〜!おまえ様方〜!その頭は何のためについてるか知ってるか〜い?ヘッドバンキングするためだろ!忘れちゃってんじゃないのか!”とお決まりの煽りから「三つ数えろ」を演奏。同期と疾走感あふれるバンドサウンドに煽られ1階フロアはヘドバンの嵐に。そして「めんどくさい」では“めんどくさい!”を大声でコール。間奏ではフクスケが“オレたちもそうだが、おまえたち、おかえりぃ〜!!”と叫ぶと、ファンは歓喜の声を上げて応えた。

ユウイチローの和太鼓のようなドラミングが鳴り響き「MATSURI」がスタート。日本人ならばきっと誰もが血が騒ぐその和なリズムに合わせてファンは手拍子。“踊る阿呆に 見る阿呆”をコール&レスポンスし、両手を上げて踊り会場をお祭り一色に染めた。そして本編ラストを飾ったのは「絶望さん」。曲中に“絶望ですか?”と尋ねると、観客は“絶望です!”と答え、“ラララ〜♪”と大合唱する光景は現在においても異様な雰囲気だった。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。