ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、Moto Modsが使えるミッドレンジモデル「Moto Z Play」を10月に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola Mobility の日本法人は 9 月 27 日、Moto Z シリーズの廉価モデル「Moto Z Play」の国内発売を発表しました。価格は 58,100 円(税込み)で、10 月中旬に発売される予定です。Moto Z Play は、同日発表された Moto Z の廉価版になりますが、バッテリー容量が 3,510mAh と大きく、Moto Z よりも長い時間使用できるほか、Moto Z と同様に外付けパーツ「Moto Mods」を利用することもできます。また、3.5mm オーディオジャックも付いているので、イヤホン利用に変換アダプタは不要です。Moto Z Play の主要スペックは、Android 6.0 Marshmallow、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイや Snapdragon 625 2.0GHz オクタコアプロセッサ、3GB RAM、32GB ROM、Micro SD カードスロット、背面に 1,600 万画素カメラ(1.3μm 画素、F/2.0 レンズ、PDAF、レーザー AF 対応)、前面に 500 万画素カメラ(F/2.2・85 度レンズ、LED フラッシュ付き)を搭載しています。また、Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、NFC、GSM、WCDMA(Bands 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19)、FDD-LTE(Bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20 / 28)、TD-LTE(Bands 38 / 40 / 41)に対応するほか、デュアル SIM(LTE 同時利用可能)に対応しています。また、前面にはタッチ式の指紋リーダーを搭載しており、下部の USB コネクタにはリバーシブルな Type-C を採用しています。さらに、TurboPower の急速充電機能に対応しています。Moto Z Play の筐体サイズは 156.4 x 76.4 x 6.99mm、質量は 165g です。カラバリはブラックとホワイトの 2 色となっています。Source : Motorola

■関連記事
YouTube、オフライン利用に特化したアプリ「YouTube Go」を発表
Galaxy C9がGFX Benchに登場
IIJ、法人向けMVNOサービスの「パケットシェアプラン L」にKDDI回線を使用した「タイプK」を追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP