ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy C9がGFX Benchに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy C シリーズの新モデルと見られる「SM-C9000」がベンチマークアプリ GFX Bench の公式サイトに現れ、6 インチディスプレイや 6GB RAM を搭載していることがほぼ確実のものとなりました。Galaxy C シリーズはミッドレンジクラスの製品群になるのですが、シリーズ通じて RAM 容量が大きいなど、性能が良いとして人気があります。これまでは、Galaxy C5 と Galaxy C7 の 2 モデルが投入されてきましたが、Galaxy C9 という新モデルが開発されているのです。GFX Bench によると、SM-C9000 は 6 インチ 1,920 1,080 ピクセルのディスプレイ、Snapdragon 652 2.0GHz オクタコアプロセッサ(Adreno 510 GPU)、5.7GB RAM、53GB ROM、前後に 1,500 万画素カメラを搭載しています。公式なスペックと GFX Bench に記録されるスペックには差異があるので、実際には 6GB RAM、64GB ROM、前後に 1,600 万画素カメラを搭載していると予想されます。Source : GFX Bench

■関連記事
IIJ、法人向けMVNOサービスの「パケットシェアプラン L」にKDDI回線を使用した「タイプK」を追加
スマートフォンの動画視聴で端末を縦向きにして視聴する人が増加
英国サイトが「Galaxy S8」の噂スペックを公開、4Kディスプレイを採用か?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP