ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高く買い取って欲しい!バイク買取では不動車でも買取してくれる?

  • ガジェット通信を≫

手入れも行わないまま放置しているバイクが、庭に眠っているかもしれません。もうエンジンもかからないようなバイクは、扱いに困りますよね。しかしそのようなバイクも、お得に処分できる可能性があります。

たとえ動かない状態であっても、条件さえ揃えば買取してくれる業者が存在します。状態の悪いバイクは、ただ廃棄処分するだけではむしろ費用がかかります。ならばバイクの買取サービスに依頼して、いくらかでもお金になった方がメリットがあります。眠っているままの不動車をネットのバイク買取サービスに引き受けてもらえれば、バイクがまた何らかの形で役に立ちます。バイクの買取手続きも意外と簡単であるため、試してみるだけの価値はあります。

不動車とは?買取してもらえる境界線


不動車の定義

不動車とは、長期間メンテナンスを行わなかったために、正常な走行ができなくなった状態のバイクです。例えばセルやキックでエンジンがかからなくなったり、可動部分が固着するなどの原因により、そのまま乗車するには問題があるバイクなとです。

また長年放置したままのバイクは、腐食が進んでいます。錆ついてしまった部品は耐久性が著しく低下しているため、バイクを走らせる前に交換せざるを得ません。このような悪い状態のバイクは、基本的に廃車による処分も検討する事になります。

不動車の買取条件とは

しかし条件によっては、買取サービスが利用できる可能性があります。不動車の買取条件としては、ある程度の利用価値が残っているバイクかどうかが重要です。あまりに状態が悪いバイクは、買取業者でも扱いが難しいです。業者もビジネスとして買取サービスを提供している以上は、全く価値が見い出せないバイクは扱いに困ります。

また違法な状態のバイクは、買取が難しいです。バイクには、各個体を区別するために車体番号が打刻されています。バイクによっては、車体番号が削り取られているなど違法な状態のものも存在します。そのようなバイクは盗難車の可能性もあり、買取は難しいです。

その他、バイク関連の書類が必要最低限は揃っているかどうかも大切です。少なくともナンバープレートか車検証などの書類のいずれかは、残っている必要があります。もしこの両者とも存在しない場合には、公的な登録手続きが難しくなるために買取では不利です。

不動車でも高額買取してもらえる車種の特徴

たとえ不動車であっても、買取してもらうなら高値で評価してもらえた方がいいですよね。実はバイクの車種によっては、高額で買取してもらえる可能性があるのです。

在庫が少ないもの

高額買取の車種の特徴であるのが、不人気で販売が短期間であったバイクです。例えばスズキのB-KINGはデザインが個性的で、販売当時はあまり人気が出ませんでした。その後まもなく生産は終了したものの、B-KINGへの再評価と販売期間が短かった理由により、中古市場では品薄な状態で、需要が多いのです。そのためB-KINGは、たとえ不動車の状態であったとしても高値の査定が得られるチャンスがあります。

250cc4気筒に該当する車種

また250cc4気筒に該当する車種は、不動車でも買取の可能性があります。250ccクラスのバイクエンジンは2気筒以下が主流となり、4気筒のエンジンは排ガス規制や開発費の負担から生産されていません。しかしバイクの4気筒エンジンは、高速域の出力特性の良さや独特の動作音で高い人気があります。さらにメーカーから供給される部品の数も、次第に限られています。このような条件が重なるため、250ccの4気筒エンジンバイクはたとえ不動車であっても買取が期待できます。

例えば、ホンダのジェイドやカワサキのバリオス2、スズキのバンディット250は、250cc4気筒エンジンのバイクで価値が高いです。これらのバイクは、たとえ動かない状態であっても、喜んで買取してもらえる場合があります。廃車で費用をかけるよりは、買取業者に任せて再利用してもらった方が有意義です。

バイクの買取手順

不動車の場合も、基本的なバイク買取と手順は変わりません。バイクの不動車を買取サービスに依頼する場合、適切な手順を踏む必要があります。ネット買取なら、都合に合わせて依頼ができるため便利です。

必要書類を揃える

まずはバイクの書類について、あらかじめ用意しておきます。必要書類が手元に揃っていれば、スムーズに買取手続きが進められます。250cc以上の排気量であれば車検証、また125cc以上250cc以下であれば軽自動車届出済証、125cc以下なら標識交付書を用意します。また印鑑や身分証明書も契約の際には必要となるため、合わせて揃えておきます。

未成年は要注意

忘れていけないのが、未成年者の場合です。未成年者がバイク買取サービスを利用するには、親権者の承諾書が必要です。必要書類が揃ったならインターネットなどで査定依頼を行い、買取業者に査定を行ってもらう手続きを進めます。

査定中に気を付けることとは


あらかじめ相場をつかんでおく

バイクの査定は、およそ数十分程度で終了します。査定に基づき買取額の交渉を行い、納得できるなら契約を結び買取金額を受け取ります。ここでポイントであるのが、あらかじめ相場価格を調べておくことです。あまりに相場よりも買取価格が低いようであれば、契約も考え直します。また査定スタッフには、バイクの状態を詳しく伝えた方が買取で有利です。

詳細情報を提供する

買取業者としては、査定の判断材料として、バイクがどのようにメンテナンスや保管がされてきたのか、詳しい情報があった方が参考になります。たとえ不動車であっても、簡単な修理で再び商品価値が出てくるバイクがあります。そこで査定スタッフに保管状況の細かい情報を提供し、バイクの状態をもっと良く知ってもらうと、評価が上がります。

まとめ

不動車となったバイクも、車種によっては高値買取が期待できるものがあります。そのため、不動車だからと諦めるのは早いです。たとえ不動車であっても、まだまだ利用価値が残っていて、バイク買取業者はそのようなバイクを探しています。不動車であっても修理で復活するものも多く、また部品を再利用したり、あるいは海外への販売という道もあります。

バイクはそのまま放置したままでは、ますます状態が悪くなるばかりです。ならば、まだ価値が残っている間にバイクの買取サービスに連絡して買取ってもらった方が、より高値で買取してもらえます。買取依頼が面倒だからという人も、ネット買取なら面倒はありません。ネットの買取依頼は手間がかからず、後は買取スタッフがサポートしてくれます。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP