ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

必見!ポッコリお腹を原因別にぺったんこにする方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

全体的に太ったわけではないのにお腹だけがぽっこり出ている。このポッコリお腹、みっともないし邪魔だし服のデザインを選ぶので、できれば引っ込んで欲しいですよね。お腹が出る原因は肥満だけではありません。自分のポッコリお腹の原因を知って自慢できるお腹を目指しましょう!

なんとかしたい! ポッコリお腹

男女ともに歳を重ねると、様々な理由で下腹が出やすくなります。女性は特に皮下脂肪がつきやすく、生理との関係もあってお腹がぽこんと出ることが多いですよね。体調によるものや一時的なものならよいのですが、加齢とともに加速度的にポッコリが大きくなって、一見痩せ型なのに下腹だけが出ていたり、下腹全体に浮き輪のように脂肪がついたりといった体型になってしまうこともあります。見なかったことにしたいのは山々ですが、放っておくとオバサン体型になるばかりか、生活習慣病になる恐れもあるので「見て見ぬ振り」は禁物です。

自分のポッコリお腹の原因を知ろう!

お腹がぽっこりする原因はいくつかあります。自分の原因は何かを知ることが最初の一歩です。

●冷えや加齢による代謝不全でぽっこり

女性に多いのですが、お腹を触ってひんやりしている場合はお腹が冷えています。冷えると血流が悪くなって胃腸の働きも悪くなり、便秘の原因にもなります。お腹周りが冷えて代謝が悪くなると脂肪が分解されにくくなって下腹にお肉(脂肪)がつく原因になるのです。代謝は加齢とともに悪くなっていくので、同じ生活をしていても太りやすくなってしまいます。仙骨にカイロを当てたり、目立たない腹巻きをしたり、外から温める方法と、暖かい食事をとり冷たいものを避ける、内から温める方法の二つを取り入れましょう。

●便秘でぽっこり

便秘になると腸に便やガスが溜まるため、下腹がぽこんと出ます。便秘の場合、触ってもぷよぷよせず硬いことが多いようです。外からは下腹部のマッサージ、ウォーキングなどの適度な運動、中からは乳酸菌や食物繊維摂取による腸内環境の改善を行いましょう。

●生理前、生理中でぽっこり

生理の経血はお腹が膨らむほど多くはありませんが、生理前や生理中は出血による栄養不足を補うために、栄養を蓄えやすい体になっています。生理中に太りやすいのはそのためで、ホルモンの関係で生理中に食欲が増す人もいます。するとますますお腹がぽっこりすることに。

共通して実践してほしい、ぽっこりお腹の解消法!

まずは姿勢を正しましょう。猫背や反り腰はポッコリお腹を作る姿勢です。骨盤が歪んでいたり開いていると、姿勢が悪くなるばかりでなく内臓が下垂して落ち込んでしまいます。するとお腹も出るし胃腸の不調が多くなります。原因別に良いことをしても姿勢が悪ければ台無しになるほどです。

ポッコリお腹は今までの積み重ねでなったもの。へこますのもそれなりの期間が必要です。適度な運動も取り入れるともっと早くぺったんこになれますよ。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP