体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェスト完全ガイド

ドイツ・ミュンヘンのオクトーバーフェスト完全ガイド

究極のオクトーバーフェストガイドを、ドイツ出身のジュリーがお届けします。生粋のドイツっ子が自信を持って送る、役立つ情報が満載です!1年に1度のお祭り、せっかく現地まで行くなら最大限に楽しみたいですよね!

 

オクトーバーフェストとは?

オクトーバーフェストとは?

photo by shutterstock

今や有名になったオクトーバーフェストですが、そもそも何なのか?という所からお話ししますね。オクトーバーフェストは9月にミュンヘンの「テレージエンヴィーゼ」(Theresienwiese – テレーゼの緑地)と呼ばれる広大な敷地を会場に開かれる、世界最大の民族祭典です。

2016年は9月17日に開始され、10月3日(ドイツの国民の祝日)と共に終了します(休日ということもあり、大量のビールを消費します!)。このお祭りの会場ですが、14個のテントが会場中に貼られて、それぞれのテントに1,000から4,000人の人々が入場できる巨大なテントです。

 

そして、各々のテントに異なるテーマが付いているので、お祭りの日は幾つかのテントをハシゴすることをお勧めします。幾つか人気のあるテントを挙げるとすれば、Löwenbräu-Festhalle(レーベンブロー・フェストハレ)、Hofbräu-Festzelt (ホフブロイ・フェストツェルト)、Augustiner-Festhalle(アウガスティーナ・フェストハレ)あたりがオススメです。

ドイツ豆情報:ローカルの人たちは、期間中最低でも3回はオクトーバーフェストへ足を運ぶって知ってましたか?1回は家族と、1回は友達と、そして1度は同僚と訪れるのが現地の習慣です。これなら沢山のテントを見て回れますね。

 

会場に着くベストなタイミング

オクトーバーフェストはいつ来場しても混雑しているのですが、特に1週目は一層込み合います。落ち着いた雰囲気の中お祭りを楽しみたい方は、9月の最終週にミュンヘンに来ることをお勧めします。

ただし、開催日当日はグランドパレードがあり、ドイツの民族衣装を身にまとったパレードやショーなど見どころが満載です。オクトーバーフェスト開始から数えて第2日曜日は、場内で野外コンサートが開催されるので、ビールを片手に音楽を聴いたりダンスを楽しみたい方におすすめです。

 

服装について

オクトーバーフェストの服装

photo by shutterstock

現地の人の多くが民族衣装を身にまとって来場します。女性用はカラフルなドレス(ディアンドルと呼ばれます)、男性は皮のズボンに帽子を被るレーダーホーゼンと呼ばれるものです。ドレスコードではありませんが、せっかく訪れるのであれば民族衣装を着て参加すればより一層楽しめるのではないでしょうか。

 

ドリンクは何を飲むべきか?

ここはやはりビールではないでしょうか。皆さん、本当によく飲みます。オクトーバーフェストで振舞われるビールはミュンヘンの有名どころのビールばかりです(パウラーナーやアウグスティーナー)。もしビール苦手という方でも大丈夫。ワイン、シードル、カクテルやノンアルコールのドリンクも置いてあります。

 

食事について

食事について

photo by shutterstock

オクトーバーフェストはローカルな食事にトライする絶好の機会でもあります。お財布(とお腹)が許す限り、色々なフードに挑戦してみましょう。Brezn (ドイツと言えばプレッツェル)、Wien-Hendl(ヴィーズン・ヘンドル、チキンの丸焼き)が有名です。その他にもWeisswurst(ソーセージ)やSchweinshaxe(豚の軟骨の煮込み)などお肉好きにはたまらないでしょう。私のお勧めはデザートのApfelstrudel(アップルクランブル)を〆に食べるのがオススメです。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。