体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スタディサプリ一流講師が提案!残り時間をムダにしないセンター試験対策法!【山内恵介先生:数学IA編】

生活・趣味

夏を乗越えてさらにセンター試験まで、もうひと頑張り!…のはずなのに…何をやっていいか分からない…、センターで8割行きたいのに、結果がでなくて少し不安な声も…?10月以降は、もうひと伸びする大事な時期。センター試験も短い時間でギュッと、効率良く自分の力にしたいところ。そこで、放課後版編集部はスタディサプリの一流講師陣に「8割以上を目指す」センター試験対策を教えてもらいました!第1回目は数学ⅠAの山内先生です!

一刻も早く得意分野と苦手な分野の把握を!

(要するに) 得意分野は、実践練習を重ねて満点をとる! 苦手分野では、インプットから着実に! センター過去問は新課程の問題2回分のみ!何度も解いて時間の短縮を!

「なるはや」で、得意・苦手分野を把握せよ!

Q.センター試験まで余裕がある10〜11月、どんな対策がいいですか?

まずこの時期にすべきことは、自分の得意・苦手分野を見つけることです。一つ前の模試などを使ってなるべく正確に自分自身を分析して下さい。模試の結果が3〜4割しかなかったとしても、「苦手分野が見つかった!」と喜ぶべきでいいです。言い換えると11月までが自分の苦手分野としっかり向き合える最後の時期です。得意分野は絶対に満点が取れるように、苦手分野は足元をすくわれないように、それぞれしっかりと対策をとっていきましょう。記述で数学を使う人も、この時期のセンター試験と記述式試験の対策と割合は、センター対策が3割、記述式試験が7割ぐらい。とにかく得意苦手分野を早く見つけ、その両方の対策を両立させて下さい。


過去問で、解き方の「流れ」を身につけよ!

Q.もうすぐセンター試験!12月〜1月のセンター試験対策とは?

12月に入ったら、少しずつ時間を意識して、センター過去問題をベースに取り組んでください。このころのセンター試験対策と記述式試験の割合は5対5、もしくは4対6ぐらい。本試験とセンター試験の比率で決めてもらってもかまいません。気をつけてほしいのが、センター試験の過去問で新課程の問題は2年分しかないこと。つまり初見で出来るのは、2回だけ。しっかりと時間をはかることで自分の得意分野がきちんと身についているか確認し、解き方の「流れ」が身体に浸透していくように何度も解くことをオススメします。


得意分野はすぐにアウトプット!苦手分野は着実にインプット!

1 2 3 4次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会