ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

壊れた楽器を高く買取してもらうために抑えておくポイント

  • ガジェット通信を≫

昔使っていた楽器を久しぶりに出してみたところ、壊れてしまって音が出なかったという経験がある方は少なくないでしょう。思い切って整理整頓をしようにも壊れてしまっては捨てるより他ない、と諦めてしまうのは早いです。なぜなら、壊れた楽器でも買取をしてくれる店があるからです。

そう言われても「壊れているんだから、どうせ大した値段にはならないんでしょう?」と思うかもしれません。確かにそのままの状態で査定に出してしまうと、リペア費用などがかかってしまうため、あまり高い価値は付かないことでしょう。しかし、ポイントさえ抑えておけば、より高額で買取って貰える可能性が上がります。思い出の品を急いで捨ててしまう前に、是非このまとめをチェックしてみてください。

壊れた楽器が売れるの?

そもそも、壊れた楽器を買取するお店はあるのでしょうか。故障品を修理するにせよ、そんな古い物を購入するという人が、沢山いるとは思えません。ところが、この認識は一部に誤りがありますので、諦めないようにしましょう。

リペア品としての需要

そもそも楽器は、質が良いものであればあるほど非常に高価なものとなり、気軽に購入できるものではなくなります。自分自身が楽器の良し悪しを判断できるほどの熟練者ならばまだしも、「ちょっと趣味で始めてみようかな」あるいは「学校の部活動でやってみようかな」と思う人には、なかなか手が出せません。リサイクル品やリペア品はお手頃な価格に収まるため、そう言った初心者層からの需要が高いのです。

また、特に上質なヴィンテージものなどは壊れた部分が、楽器の味わいになるようなケースもあります。例えば、木材の材質や状態によって音に変化が出るヴァイオリンなどの弦楽器の場合、多少の故障があったとしても全く価値が変わらない、といった具合です。

パーツとしての需要

更に、激しく故障しているものや、そもそもあまり高額ではない楽器の場合でも、パーツとしての価値があります。つまり、残されている健全な部品を取り外し、まだ十分に使える楽器のパーツと交換することができるのです。このような分解したものの価値については、リペアの技術がある人以外には、判断することは非常に難しいでしょう。素人目にはほとんど値がつかないと思えるような品物でも、プロの手にかかればお宝として処理されることもありますので、一度買取査定に出してみることがおすすめです。

壊れた楽器の買取相場はどれくらい?


相場は幅広い

壊れた楽器の買取査定は、最も低い査定結果で、百円から数千円程度と言われています。楽器そのものの価値に加えて、どの程度の故障であるかによって大きく変わってきます。中には「楽器の販売価格」よりも「発生する修理費用」の方が大きい場合は、値がつかないということもあり得ます。この査定についてはお店や担当者ごとに一任されているため、値段が不本意である場合は複数の店舗に持ち込むことがおすすめです。

「一切買取不可」の場合も

また、中には「ジャンク品は一切受け取ることができない」あるいは「壊れたものは買取できないが、処分について無料で請け負う」というスタンスのお店もありますので、注意しましょう。このようなお店では、リペアにかかる手間などを考えて対応していない可能性があるので、残念ながら買取対応は期待できません。壊れていても買取可能としているお店や、特別キャンぺーンなどをしているお店を探すと良いでしょう。

ヴィンテージ品は高値買取も

ヴィンテージものを所有している場合は、出来る限りそう言った商品を取り扱っている専門店を探した方が、適正な査定をして貰える可能性が上がります。物と状態にもよりますが、本物のヴィンテージギターなどであれば、十万以上の高値で取引されることがあるからです。

木管・金管楽器の場合は?

その他の木管や金管楽器なども、物によっては約一万円前後の値がつくこともあります。こちらもギターなどと同様に、需要があるお店以外ではほとんど値がつかない可能性が高くなってしまいます。きちんと「良い楽器が欲しい」と考える人が訪れるであろう、楽器専門店の買取窓口に依頼することが大切です。

壊れた楽器の高価買取のために必要なこと

壊れた楽器を買取に出す前に、チェックしておきたいポイントが幾つかあります。うまくいけば、そのまま持ち込むよりも査定額がアップするかもしれないので、ぜひ確認しておきましょう。

故障部分を確認

第一に、楽器の状態をよく確認しましょう。どこが壊れているのか、音は正常に出せるのか、そういった部分を洗い出すことで、次にすべきことを決定することができます。例えば、ギターの音の具合がよくないと感じる時、それが「ネックの反りによるもの」なのか「弦の状態によるもの」なのかで、修理方法などが変わってくるからです。

できるところは自分で修理

第二に、問題の箇所によって自分で修理などを行いましょう。と言っても、不慣れな人が無理に作業をすることで、状態が悪化してしまう恐れがありますので、例えば管楽器ならばメンテナンス用のオイルを使用してコンディションを整える、といった程度にしておく方が良いかもしれません。

また、長年使用していなかったオイルを使うと、むしろ悪い影響を与えることがありますので、「長年使わずに放置していた」というような場合は、最低限ほこりなどを除去する程度にしておきます。ただ、ケースや付属品などの汚れについては、出来る限り綺麗にしておいた方が良いでしょう。

付属品はセットで

第三に、先の付属品については、そのままセットで買取に出すことが大切です。古ぼけた状態であっても、保証書や説明書などがある場合、捨ててはいけません。そう言ったものが現存することで楽器の査定が簡単になりますし、より正確な査定結果を得られる可能性が高くなるからです。
これらのポイントを踏まえて、より良い状態で買取依頼をすることで、数百円以下の金額から少しでも高くなることが期待できます。

まとめ

壊れたとは言え、昔は楽しんだ楽器たちをそのまま捨ててしまうのは、忍びないと感じる人も多いことでしょう。買取に出すことでどこかの誰かの手に渡り、演奏を楽しんで貰えるかもしれません。ゴミとして捨ててしまえば、そのような機会は永遠に失われてしまいます。

そして、折角査定に出すならば、より高い金額で買取って貰えるよう、ポイントを抑えて買取依頼に出すことをおすすめします。壊れた楽器を引き取れないというお店も少なくはありませんが、そういった事柄に対応している小さな楽器店、あるいはインターネットを介した買取が可能なお店などもありますので、探してみると良いでしょう。また、見積もりまでは無料対応している店も少なくないため、まずは気軽に見積依頼をしてみると良いでしょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP