ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

劇団四季ミュージカル『壁抜け男』の公開舞台稽古を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ミュージカル『壁抜け男』の公開舞台稽古が9月26日自由劇場(港区・浜松町)にて行われた。

 『壁抜け男』は、フランス作家マルセル・エイメの短編小説をもとにした小粋なラブストーリー。作曲は、「シェルブールの雨傘」でミュージカル映画を変革させた巨匠ミシェル・ルグラン。舞台装置もいかにもフランス的で、簡素ながら洗練された雰囲気を醸し出している。四季では1999年に初演されて以来、総公演回数513回を数え、四季ミュージカルの中でも再演リクエストの高い作品のひとつだ。公開舞台稽古では開幕を明日に控え、本番同様に緊張感溢れた稽古が進行し、舞台全体の最終チェックが入念に行われた。

 デュティユル役の飯田 洋輔は「ミシェル・ルグランによる洗練されたナンバーで綴られる本作。素晴らしい音楽にのせて、壁を通り抜ける力を手に入れた男の恋の行方を描きます。 “人生は素晴らしい”というメッセージが溢れた作品の感動を、お客様の心へお届けできるよう努めたいと思います」とコメント。東京公演は、明日9月27日より11月13日まで上演される。撮影:阿部章仁

関連記事リンク(外部サイト)

松下奈緒 デビュー10周年記念ベスト盤リリース決定
薬師丸ひろ子、11月にビルボードライブにてアコースティック・ステージを開催
スペインが生んだ偉大な舞踊家アントニオ・ガデス、その遺志を継ぐ舞踊団が7年ぶり再来日

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP