ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハルカトミユキ、感動の47都道府県ツアーファイナルで5周年ツアーの開催を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハルカトミユキの47都道府県ツアーのファイナル『ハルカトミユキ LIVE TOUR 2016 ‘LIFE’ FINAL −約束の地・野音!− 』が9月24日、日比谷野外大音楽堂で行なわれた。

当日はあいにくの雨。開場から、ステージ奥のスクリーンにはMVが大きく映し出され、続々と全国から集まったファンが会場を埋め尽くしていく。そして、雨が小降りになったところで開演時間。メンバーが登場し、オープニングナンバー「世界」が始まると、1年間待ち続けたファンからは歓喜の声が上がった。

4曲目「春の雨」では、ハルカの歌がひと際伸びやかに雨空に響き、『こっちへおいで』の一言から始まった狂気のMCから8曲目「奇跡を祈ることはもうしない」になだれ込むと、会場を制圧。曲が終わった瞬間全く音が消え、一息入れてから万雷の拍手が起こった。

その後、昨年の野音フリーライブ用に作られたテーマソング「宇宙を泳ぐ舟」では、観客がかざすペンライトの光が溢れ、最新アルバムからダンスナンバー「Are you ready?」~「見る前に踊れ」のメドレーを披露すると、会場全体が映像を効果的に使う演出で一気に弾ける。終盤は、ハルカトミユキ最速曲「DRAG & HUG」やライブ定番のアップナンバーで畳み掛け、一気に盛上げラストへ向かう。

『歌が安っぽい励ましじゃなくて、生ぬるい同情じゃなくて、この野郎って歯を食いしばりながら戦って生きてきた人への、かすかな光であるように。』本編最後は、このMCから始まるニューアルバム『LOVELESS/ARTLESS』のオープニングナンバー「光れ」だった。アルバムの冒頭を飾るに相応しい爽やかなアップナンバーが会場を感動に塗り替えて、本編は終了。メンバーがステージから姿を消すと、すかさずスクリーンには昨年の野音フリーライブで初披露された「LIFE」のリリックビデオが。そこには、昨年から始まった47都道府県ツアーロールが流れ、ファイナルまでの道のりがどれだけ長かったかを改めて実感する。映像が終わるとメンバーが再び登場し、アンコールがスタートした。

アンコール冒頭では、ハルカに促されミユキが話し始める。普段めったに長く話さない彼女から出てきた言葉は、1年に及んだこのツアーでの人との出会い、そしてその途中で行なわれたアルバム制作で、ようやく自分が何をするべきか、どうあるべきかという自問自答への日々から解放されたこと、そして会場に来てくれたファンへの感謝だった。会場が鳴りやまない拍手に包まれると、続けざまにハルカが今日の為に歌詞を全て書き換え、アレンジも全く別物に仕上げた「LIFE」の続編「LIFE 2」について語り始め、楽曲を初披露。<「旅の果てにあったモノは、変わらぬ自分であり変わらず今日だった。答えなんてすぐに出ちゃ駄目なんだ」ってことだけが分かった>というリアルな体験を元に綴られた歌詞がスクリーンに映し出され、涙を流す観客が続出した。

アンコールラストを前に、2012年のインディーズデビューから来年で5年目を迎える記念に、5周年ツアーの開催を発表。ハルカトミユキが結成後、初めてライブを行なったという日時・場所である、2月16日の池袋マンホールからスタートする東名阪ツアー。ファイナルは赤坂ブリッツで行なわれる。最後に”希望の歌”「ドライアイス」でライブは締めくくられ、1年間に及ぶツアー、そして1年振りとなるファイナルの野音ワンマンライブが終了した。

Photo by 山川哲矢

【セットリスト】
01 世界

02 バッドエンドの続きを

03 Hate you

04 春の雨

05 Pain

06 Vanilla

07 シアノタイプ(acoustic)

08 奇跡を祈ることはもうしない

09 夜明けの月

10 宇宙(そら)を泳ぐ舟

11 Are you ready?

12 見る前に踊れ

13 tonight

14 DRAG & HUG

15 振り出しに戻る

16 ニュートンの林檎

17 青い夜更け

18 光れ

ec1 LIFE 2

ec2 ドライアイス

『HARUKATOMIYUKI +5th ANNIVERSARY TOUR 2017』
2月16日(木) 東京 池袋マンホール [Special Live]

2月18日(土) 名古屋 SPADE BOX

2月19日(日) 大阪 心斎橋BIGCAT

2月25日(土) 東京 赤坂BLITZ


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP