ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

離れて暮らしていても安心! プライバシーを守り、家族を見守る「コンセント」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

社会問題になるほど深刻化している”孤独死”。平成27年の国勢調査によると、全国で暮らす人びとの多くは独り暮らしで、65歳以上の高齢者にいたっては、6人に1人がひとり暮らしをしているのが実情だ。

誰しもが縁遠いと思いたい孤独死だが、この数字を見ると、他人ごとのように考えてばかりはいられない。さらに、高齢者の多くがスマートフォンや携帯電話に慣れていないことや、連絡に気づかなかったり、持ち歩かなかったりと、スムーズなコミュニーションが難しくなり、徐々に連絡を取る回数が減っていくといったケースもある。しかし、万が一のことを考えると不安になる。

そうした悩みを解決すべく誕生したのが、株式会社パワーエレックが開発した「見守りコンセントWiFi-Plug」。この商品は、本体をコンセントに差すだけで、遠方に住む家族のスマートフォンに消費電力などの情報が届くというIoTサービスだ。

プライバシーを守りつつ、安否確認

使い方は簡単で、WiFi-Plugを見守りたい人が住む家のコンセントに差し込み、あとは普通のコンセントと同じように、テレビやスタンドライトなどの電化製品とつなげるだけ。そうすることで、WiFi-Plugが家電製品の消費電力をキャッチし、最大6台のスマートフォンにリアルタイムで使用状況を通知してくれる。たとえば、生活リズムがわかりやすいテレビとWiFi-Plugをつなぐと、何時にテレビをつけたのか、何時に消したのかなど、消費電力で家族を見守ることができるのだ。

見守りたい相手がよく使うものや生活に合わせて、対象の家電製品を自由に変更できるため、個人に合った使い方が可能だ。見守る側も、リアルタイムのモニタリングとクラウドサーバーにデータを保存するため(2年間保存可能)、より確実な安否確認ができる。24時間連続で監視していることになるが、監視カメラのような「見られている」というストレスがないため、プライバシーも守れるという、まさに現代に寄り添ったシステムだ。

危険を事前に把握。遠隔で家電の電源OFFも

さらに、高機能のクラウドサーバーにより消費電力を解析し、長時間のつけっぱなしや停止など不自然な電気使用パターンを察知すると、スマートフォンにプッシュ通知とメールで異常をお知らせしてくれる機能もある。電気火災や家電事故などの事故につながる大電力(1,200w/h)を連続で使用した場合は、お知らせに加え、スマートフォンで家電製品を遠隔OFFすることもできる。また、故障や経年劣化した家電など異常電力を検知した場合には、内蔵ヒューズが電気を強制的に遮断するなど、安否確認だけでなく、万が一の事故からも家族を守る対策がなされている。

お財布にも優しい、月額360円

こうした手軽さと機能性にもかかわらず、費用は本体価格(公式オンラインショップでは9,590円)と月額料金の360円のみと、お財布にも比較的やさしい。設置が面倒・プライバシー問題・価格が高いなど、従来の見守りサービスのイメージを刷新するWiFi-Plug。いつ来るかわからない”もしも”のために、まずはできることから準備をしておくことが大切だ。

関連リンク

株式会社パワーエレック 見守りコンセント Wi-Fiプラグ

関連記事リンク(外部サイト)

ウィンクがシャッターに! スパイ映画さながらの撮影が現実のものに!?
ハイレゾ音源のポテンシャルを引き出す"ポタアン"とは?
目指せ錦織! 世界ランク何位のレベルかがわかる、次世代のテニスラケット

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP