ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

33カ国語、1000万ダウンロード突破!botと会話する感覚の語学アプリ「Mondly」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Mondly」は、2013年に創設されたルーマニアのスタートアップ企業「ATi Studios」が開発した語学学習モバイルアプリ。

英語・フランス語・ドイツ語・中国語・日本語を含む33カ国語に対応し、これまでのダウンロード数は1000万を超えている。

・チャットボットを語学学習に初めて採用

「Mondly」は、2016年8月、語学学習アプリの分野で初めて、チャットボット機能を追加した。

チャットボット技術を音声認識プラットフォームと組み合わせ、さらにMondly独自のオブジェクト認識システムを加えたもので、ボットと会話している感覚で話したり、チャット感覚で文字を入力しながら、語学を学習できるのが特徴だ。

このアプリは、数多くの言葉を理解し、ユーザーが発する語やフレーズを認識すると、それぞれに合った反応を自動で返す仕組みとなっている。

・botとの会話でスピーキングスキルが向上!?

「Mondly」では、自身の母国語と学びたい言語を最初に設定しておくと、たとえば、日本語で英語を学ぶといったように、母国語をベースとして新しい言語の学習をすすめることができる。

とりわけ、チャットボットの音声認識機能は、スピーキングスキルの上達に役立ちそうだ。

勉学の秋も、いよいよ本番。このアプリと“会話”しながら、語学の習得に取り組んでみてはいかがだろう。

Mondly

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。