ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「IC-DPR3」取扱説明書に載っていない裏コマンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ライセンスフリー無線として定着してきた351MHz帯のデジタル簡易無線。重量級の5W機しかなかった第1世代機の中で、特定小電力トランシーバのようなルックスを持つ小型・軽量機が登場しました。送信出力を1Wに割り切ったアイコムのデジタル簡易無線登録局機「IC-DPR3」です。

IC-DPR3はスキャン機能を初搭載

実はこのデジタル簡易無線登録局機に注目したのは受信マニア。持ち歩きに適したサイズはもちろん、351MHz帯のスキャンが可能で、ユーザーコードを割り出す裏コマンドまで存在していたから。第2世代機の元祖はIC-DPR3なのです。

IC-DPR3の特徴は、初搭載されたスキャン機能。約8秒で全30チャンネルをスキャンする機能です。スキャンするチャンネルはセットモードで個々に指定。最初の設定はセットモードから2工程を経て行います。

実際にはスキャンしたいチャンネルに1つずつ、スキャン対象チャンネルに含めることを設定していきます。スキャンボタンの長押しで動作するので、操作性は良好です。

IC-DPR3に周波数表示の裏コマンド

そして、IC-DPR3の特殊機能といえば、取扱説明書に記載されていない裏コマンドでしょう。まずは、裏コマンドのユーザーコードサーチです。。アナログ波のトーン周波数やDCSに相当するのが、ユーザーコードです。

受信中に機能ボタンを押下。ユーザーコード入力状態で「▲」か「▼」ボタンを押すと、サーチが始まってユーザーコードを割り出せます。

IC-DPR3には、周波数表示に切り換える裏コマンドを搭載。チャンネル表示よりも周波数表示の方が認識しやすいという、受信マニアは大勢います。そんな人にオススメの裏コマンドです。ただし、少数点は表示されずに8ケタの数字が並びます。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP