体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『完全防水ブックケース ユウブミ~湯文~ ブンコ』があれば、湯船でゆっくり読書ができて本はノーダメージ!

cr7_6185

健康と美容のためにぬるめのお湯の半身浴が効果的といわれて久しい。だが血流がよくなるなどの効果は期待できる反面、時間がかかる。この時間に読書ができれば最高! でも本を湯船に落としたり湿気でヨレヨレにしたくない…そんな時に活躍するのが『完全防水ブックケース ユウブミ~湯文~ ブンコ』。本を入れた状態でページをめくれて、濡らさず快適に読書できるという。

湯船に浸かる時間を有意義に! 浴読(よくどく)が楽しめる完全防水ブックケース

 

完全防水ブックケース ユウブミ~湯文~ ブンコ(W210 x D155 x H290mm・日本製・税込3,180円・発売中)を企画~商品化したのは、読書グッズメーカーのジェコル株式会社。お風呂での読書=浴読(よくどく)という造語まで考案するほど力を入れているアイテム。「お風呂でゆっくり読書したい」ユーザー向けに、完全防水と使いやすさにこだわり、国内の専門工場で丁寧に製造された逸品だ。

cr7_6135

文庫・新書・新書判コミックが入るサイズの『ユウブミ~湯文~ ブンコ』はコンパクトで機能的。同社が徹底的に研究し、使いやすさを実現した指サックが秀逸。両手の親指を入れ、本をしっかり固定しながらページめくりができ、しおり代わりにもできる。PVC(ポリ塩化ビニル)製なので38~42℃の湯船では柔らかくなり、ページめくりもスムーズに。

cr7_6190

湯船に浸けた状態で読書できるのも完全防水のメリット。浮力が生じて本を支えるので腕が疲れないし、手をお湯につけたままにでき冷えないのも嬉しい。

cr7_6196

水蒸気でくもって読めなくなったら、お湯をかけるだけでくもりが解消するという。

cr7_6121

いざ使ってみることに。セット方法を見ながら組み立てる。最初は「めんどくさそう…」と思ったが、やってみると簡単だった。

cr7_6140

まず、本を書籍ホルダー(ブルー・ピンク)にセット。

cr7_6146

ブックケース本体のクリアな面が正面になる向きに入れ、書籍ホルダーのコーナーを本体内の三角ポケットに差し込む。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。