体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今夜から役立つ!ステキな彼のハートを掴む会話術

生活・趣味

今夜から役立つ!ステキな彼のハートを掴む会話術
今夜は楽しみにしていた合コン!素敵な方との出会いがあっても、緊張して何を話したか覚えていない、むしろ何も話せなかった、という体験をした人も多いはず。せっかくのチャンスを無駄にしたくない!そんなあなたに、初対面の人との会話を弾ませるための、とっても簡単なテクニックをご紹介します。

まずは挨拶で心を掴もう!

さぁ、意中の彼の隣にやっと座れました!なんとか自分をアピールしたい・・・。まずは、挨拶。挨拶は、コミュニケーションの第一歩です。

「どうもー玲子です」とか、「玲子ですよろしくー」というような軽い挨拶ではなく、「こんばんは、三ッ矢玲子です。よろしくお願いします」と、きちんとフルネームを名乗りましょう。よく下の名前だけを伝える方をお見かけしますが、なんとも軽く、相手に対する真摯さが伝わりません。

そして、勇気を出して相手の目を見て、笑顔で挨拶してみましょう!きちんとした挨拶とまっすぐな目線は、相手に大きなインパクトを与えます。

挨拶のイメージ

YESクエスチョンで、心を開かせよう!

気持ちの良い挨拶で、掴みはOK!ここから会話のキャッチボールが始まります。

「もう夏も終わりですね」
「やっと週末ですね」
「お店が駅から近くて便利ですね」

この3つの問いかけの共通点、分かりますか?全て、「そうですね」と、肯定的な返事で返せる質問なんです。まずはこの「そうですね」で返せるYESクエスチョンで、相手の口を開かせます。肯定的、というのがポイント。

例えば「このお店、来たことありますか?」のような、「いいえ」という否定的な返しになりそうな質問は避けて下さい。「そうですね」のような、肯定的な会話は、それだけで相手の心を開かせ、次の会話が続きやすくなります。

会話のイメージ

OPENクエスチョンで、会話を進めよう!

相手と会話が弾みそうな兆しが!YESクエスチョンで、楽しそうな会話が始まりました。ここからが肝心!会話のキャッチボールをスムーズにすすめていきましょう。

人は話を聞くよりも、話を聞いてもらう方が気持ちが良いものと言われています。心理学的な調査や、雑談に関するアンケートなどでも、相手との会話が楽しかった時の割合は、話すと聞くが、7対3の時だったという結果が出ています。

彼の事をもっとよく知るために、そして気持ちよく会話を進めるために、彼にどんどん話をしてもらうためのテクニックをお教えします。

話を聞くイメージ
先程ご紹介したYESクエスチョン、これは「はい」と一言で答えられ、そこで会話が一旦区切られますので、CLOSEクエスチョンとも言いいます。

1 2次のページ
生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会