体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ありえない!日本人がネパールで驚いたこと4選〜田部井淳子さんてどなた?〜

ある国に旅行に出かけると、日本との違いにびっくりしてしまう瞬間があります。ましてやその国に移住した人であれば、毎日が驚きの連続のはず。

■あわせて読みたい
ありえない!日本人がドイツで驚いたこと8選〜温かい食事は一日一回!?〜
ありえない!日本人がフランスで驚いたこと5選〜遅刻が礼儀?〜
ありえない!日本人がスイスで驚いたこと7選〜精算前に開けてOK!〜
ありえない!日本人がニューヨークで驚いたこと11選〜シルクのパジャマが外出着!?〜

母国と違う!現地に在住する日本人がネパールで驚いたこと5選
そこで今回は筆者の知人で、ネパールに暮らす元タウン誌の編集者に、現地でびっくりしたポイントを教えてもらいました。

筆者も過去に仕事で長期滞在した経験があるネパール。「分かる~」といったポイントを中心にまとめましたので、ぜひともチェックしてみてくださいね。

1:都会の道路に野良牛が寝転んでいる

母国と違う!現地に在住する日本人がネパールで驚いたこと5選
ネパールの首都カトマンズでも、野良犬が町中を歩いています。日本も戦後は野良犬が町を歩いていたと言いますが、今では考えられないですよね。

ちょっと郊外に行くと、野良犬どころか野良牛も居ます。筆者もネパール東部の村で、香辛料を売っているお店に牛がぬっと入ってきて、そのまま出口に居座ってしまった出来事を思い出しました。

ネパールに多いヒンドゥー教徒にとって牛は神聖な生き物なのだとか。幹線道路に牛が寝転がっていても、牛を優先させて車が避けていくほど。決して日本では見られないですよね。

2:田部井淳子さんが最も有名な日本人

母国と違う!現地に在住する日本人がネパールで驚いたこと5選
田部井淳子さんという方をご存じですか? 意外に日本では知られていないはず。

しかし冒頭の知人によると、ネパールで最も有名な日本人は恐らく、安倍首相でも宮崎駿でも村上春樹でも木村拓哉でもなく、田部井淳子ではないかと教えてくれました。

確かに筆者も昔ネパール人に「タベイを知っているか?」と聞かれました。恥ずかしながら知らなかったので「知らない」と答えると、なんで日本人なのに知らないのだと逆に驚かれた思い出があります。

ありえない!日本人がネパールで驚いたこと4選〜〜田部井淳子さんてどなた?〜
※写真はイメージです

田部井淳子さんとは、世界で初めて“女性で”世界最高峰のエベレストに登った登山家。念のため補足しておきますが、エベレストはネパールと中国の国境にある山です。手元の資料によれば、世界で初めてエベレストに登った人はニュージーランド人のエドモンド・ヒラリーとネパール人のテンジン・ノルゲイというシェルパ。冬のエベレストに世界で初めて登った登山家はポーランド人のクシストフ・ビエリツキとレシェク・チーヒ。

そして世界で初めて女性でエベレストに登った人は、日本人の田部井淳子さんになります。その国の特色や文化によって、有名な日本人も異なるのですね。

3:8,000m級の山がゴロゴロとある

母国と違う!現地に在住する日本人がネパールで驚いたこと5選
田部井淳子さんの話をしましたが、ネパールの山の迫力はけた違い。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。