ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玄米でつくる話題のサラダで、毎日をもっとキレイに!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志向の欧米人たちは「あわ」や「大麦」など雑穀を代用して、ヘルシーさを追求しています。

そこで、玄米に置き換えたレシピの紹介。栄養面だけでなく、玄米の甘みやプチプチした食感も楽しんで。

玄米タブレ3つのメリット

普通のタブレにはもう飽きた。そんな時にオススメしたいのが「玄米タブレ」。では、このサラダにどんなうれしい効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

01.ダイエット中の主食として

玄米に含まれている植物性ポリフェノールは、コレステロールを低減させる働きが期待できます。

02.
美肌をつくり女子力UP

さらにビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれる玄米。シミ・くすみなどの肌トラブルの予防に働きかけます。

03.
お腹スッキリ
便秘解消にも◎

それだけではありません。腸内の老廃物の排泄に必要とされる、食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消のサポートをしてくれます。

ヘルシータブレで
キレイも健康も手に入れる

(材料:作りやすい分量)

玄米:100g
きゅうり:1/2本
ミニトマト:5個
パセリ:10g
くるみ:10g
オリーブオイル:大さじ2
酢:大さじ2
塩:小さじ1/4
こしょう:適量

(作り方)

玄米は1時間以上水につけておきましょう。その間に下ごしらえを。キュウリを1センチくらいの角切りに、ミニトマトは4等分に切り分けます。パセリ、クルミはみじん切りに。鍋に水、玄米を入れて強火で熱し、煮立ったらあとは弱火で30分ゆでて水気を切ります。ボウルに材料をすべて入れて、オリーブオイル、お酢、塩こしょうで味を調えれば完成。

関連記事リンク(外部サイト)

長野県の「炭職人」が焙煎したコーヒー、飲んでみたくない?
究極のヘルシー丼「ブッダボウル」が、西海岸でブーム!
ダイエット&健康に! 話題の「へそ美容」自宅向けテク

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP