ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうすぐ30歳を迎えるあなたへ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

30歳は間違いなく人生の節目のひとつ。仕事でもプライベートでも責任が大きくなり始め、新たなライフステージが始まる年齢と言っていいでしょう。

となると、心の持ちようはこれまでと同じというわけにはいきません。改めて自分を戒めたい人へ、Aly Walansky氏が「YourTango」にまとめた、三十路でやめるべき行動を紹介しましょう。

01.
自己中な交友関係

あなたが必要としている時に、すべてを投げ出して会いにきてくれる友人がいるのなら、あなた自身もその人のために同じことができる人間になってください。それが嫌なら、相手にも求めないでください。

しばしば、友情には上下関係があります。何かを与え、どこにでも足を運ぶ人がいる一方で、それらの利益を受け取ることしかしていない人がいます。もし、メリットが「あなただけ」のものなら、それは友情とは言えません。あなたが開いた飲み会に友人はいつでも来てくれるのに、もしあなたが彼ら主催のものに行かないのなら、考え直してください。 

02.
現金を持ち歩かない

私たちはあらゆるものを現金以外で支払える世界に生きています。クレジットカードもあれば、Appleが提供する決済サービスも利用できます。でも、大人は現金を持たずに外出すべきではありません。

私には、現金を持ち歩かない友人と一緒に、現金しか受け付けないレストランでお金を支払った経験が何度もあります。あなたが訪れるすべての場所でカードを使用できるとは考えないでください。

03.
長すぎる睡眠時間

大学時代であれば、徹夜して翌日のお昼まで寝るのは、よくあること。でも、今でもそれが可能だとしたら、あなたには明らかに暇人。趣味か仕事を見つけるべきです。

04.
帰宅が早朝

あなたが30歳以上なら、夜11時から始まる飲み会に参加するべきではありません。なぜあなたは、テレビのゴールデンタイムの終了時間よりも遅くに始まるパーティーに出席しようとするのでしょうか?22歳の若者なら睡眠なしでも出勤できますが、30歳でそれはナシです。

05.
二日酔いで出勤

上の文章を読み返してください。もし徹夜でパーティーに参加しているなら、あなたに起こりえます。そして、絶対に許されることではありません。

06.
借金

あなたは何か大きな選択を迫られています。おそらくそれは家や車の購入、もしくは家庭を築くことでしょう。しかし、カードでの借金を膨らませ収入以上の生活を送っていたり、両親から経済的な援助を受けているのなら問題外。

07.
日々の手入れをサボる

老化は、徐々に「崩壊」へと通じる道。日々の手入れを入念に行う必要があります。つまり、アンチエイジングのトリートメントや保湿、給水を日々の習慣にせねばなりません。

08.
過去に執着する

Facebookで元カレや元カノをチェックしたり、悪口を言うのはやめてください。

人生はあっという間に終わります。今ある交友関係を大切にし、あなたの世界に良い影響を与えない人とは縁を切ってください。ハチャメチャな状況に関わることや、それらを引き起すのはもうやめましょう。過去に生きるのではなく、より良い未来を作れるように努力する必要があります。

09.
自分の価値を
他人の中に見出そうとする

人を怒らせたくないという理由から、他人の要求に「イエス」と言うのはやめてください。代わりに、あなたが喜べることを始めるべきです。

10.
まったく料理をしない

レシピを学んで、それらを活かしてください。より健康的でお財布にも優しい方法です。

11.
すべてを悟ったように思う

これはあなたの勘違い。今後も年齢を重ねるにつれて、人間の愚かさや馬鹿さ加減を理解していくのです。Licensed material used with permission by YourTangoMore content from YourTango:20 Things Really Really Happy People Do WAY DifferentlyHow To Be Happy With Yourself As You Improve Your Life10 Ways Smart Women Choose To Be Really Truly Simply HAPPY

関連記事リンク(外部サイト)

30代を迎える人へ。若さを失わないで生きるための「4つのルール」
歳をとってから後悔・・・。30代でやらなければ良かった「10のコト」
30歳までに答えられるようになっておきたい「30のするどい質問」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP