ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラーム音で起こすだけが能じゃないスマート目覚まし時計!良質な睡眠のために、就寝・起床トレーニングを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

快適な睡眠は生活の基本となるが、目覚まし時計のアラーム音に毎朝ビックリ飛び起きる毎朝にウンザリしているなら、“やさしく”起こし、よく眠れるようにサポートしてくれる、スマート目覚まし時計「Kello」がよさそうだ。

・睡眠トレーニングができる目覚まし時計

スマートフォンと連動する時計で、iOS、Android対応の専用アプリを用意。時計の各種設定をおこなったり、機能を作動させたりするのに使われる。

「Kello」の基本的な機能は、規則的な就寝時間を保つこと。それがもっとも心身を回復させる効果的な眠りにつながる。また、規則的な起床時間は、時間の経過とともに体内時計を正常化させ、起床を楽にしていくという。

・SpotifyやDeezerと連動

「Kello」はSpotifyやDeezerといった音楽ストリーミングサービスや、インターネットラジオなどと連携させることができ、ユーザーの好きな音楽コンテンツを目覚ましに使えるという。

・睡眠改善のための多彩な機能

ほかにもさまざまなユニークな機能が用意されているようだ。

“Deep Sleep”機能は、床についたらすぐ眠れるよう手助けをしてくれるもの。ユーザーの呼吸を真似るようにして、ライトがゆっくりついたり消えたりすることで、自然な眠りのリズムを作り出し、素早く眠りに落ちるようにサポートする。

“Snooze Less”機能は、私たちがつい頼りがちな“スヌーズ機能”の利用を減少させるトレーニング機能。寝坊を防止するスヌーズは一見便利だが、健やかな目覚めのプロセスを妨害し、睡眠のリズムを崩す要因の1つ。ユーザーは1週間に何回スヌーズ機能が作動するか上限を設定しておく。それを超えた場合、アラーム音が大きくなったり、プレイリストが変更されたり、ライトが点灯したりして、ユーザーの目覚めを促してくれる。

“Wake Up Earlier”機能は、早起きができるようサポート。「今より1時間早く起きられるように」が基本コンセプトになっていて、30日間にわたり、設定したアラーム時刻よりも日々ちょっとだけ、アラームが早く作動するようになっている。累計でみると目標の早起き時刻を達成できていた……といった仕組み。

・時差ボケ解消もサポート

この仕組みは、時差ボケ防止機能にも応用されていて、ユーザーはあらかじめ、渡航目的地と旅程日時を入力しておくだけで、「Kello」が睡眠スケジュールを実行してくれる。おかげで、時差ボケの影響を最小限にとどめられそうだ。

・IFTTTツールとしても

「Kello」は、スマートデバイスと連携させ、単純なタスクを発動させるIFTTTツールとして用いることもできるという。例えば、スマートコーヒーメーカーと連動させておき、アラームが作動すると同時に、コーヒーメーカーが作動開始するといった具合。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで10月21日まで出資を受付中だ。

Kello

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP