体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

すみだ水族館とジブリ作品「レッドタートル」がコラボ!注目の展示ブースをチェック【東京】

すみだ水族館

こんにちは。水族館好き編集者の鈴木です。

突然ですがみなさん、スタジオジブリ最新作「レッドタートル ある島の物語」はご存知ですか?

スタジオジブリ最新作「レッドタートル ある島の物語」

9月17日(土)から公開が始まった「レッドタートル ある島の物語」は、無人島に流れ着いた男性がウミガメと出会うことで人生を左右され、「いのち」について考えさせられるストーリー。ジブリ初、海外の監督との共同制作ということもあり大注目されているこの作品が、この度「すみだ水族館」とコラボレーションをするとの情報を入手しました。今回は水族館好きだけでなく、ジブリ好きな皆さんにも向けて、コラボの中身を紹介したいと思います。

すみだ水族館とジブリの共通点は「いのち」

みだ水族館とジブリ

手にすっぽりとおさまるほどの大きさ。アオウミガメのあかちゃん

「すみだ水族館」が、2012年の開館当初から毎年続けている活動をご存知でしたか?

それは、小笠原諸島で生まれたアオウミガメの赤ちゃんを預かり、約1年育て小笠原諸島の海へ放流する取組み。決して華やかな活動ではないけれど、絶滅危惧種であるアオウミガメの赤ちゃんを守るこの活動を通して、お客様に命の希少性を伝えることも水族館としての大事な役割なのだといいます。みだ水族館とジブリ

体長は約10センチほど。水槽の中で優雅に泳いでいる

10センチほどの小さなウミガメの赤ちゃんが、自然界で生き延びることはとても厳しいこと…。海の中に潜っていても、呼吸をするために水面に上がってきても、そこには敵だらけ。そんな野生の赤ちゃんは、水面に浮かぶ海藻に紛れて生き延びていると聞き、この活動の大切さをしみじみと感じました。

水族館は海の生物に出会える楽しい場所ですが、一方で「いのち」について考えさせられる場でもあり、今回の「レッドタートル ある島の物語」のテーマとまさにマッチしているのです。

映画に登場する海の生物たちの、貴重なスケッチを公開

みだ水族館
1 2 3 4次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会