体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android版「ハングアウト 13」に “ちゃぶ台返し” や “魔法使い” などの新しい顔文字コマンドが多数追加

Google が先週リリースされた Android 版「ハングアウト」の v13 で様々な新しい顔文字コマンドを追加していました。ハングアウトでは、「/」に後に特定の単語を入力して送信すると顔文字に変換されます。日本の場合だとキーボードアプリの顔文字機能を良く利用するので、あまり使うことはないと思います。今回のアップデートでは、新たに algebraic、dealwithit、disapprove、facepalm、flowerbeam、happy、lgtm、lit、octodisco、puppyparty、shame、shrug、success、sunglasses、tableback、tableflip、that、this、wizard、yuno が顔文字に変換されるようになりました。Source : Android Police

■関連記事
ビクセン、スマートフォンに天体望遠鏡や顕微鏡などを取り付けられる「スマートフォン用カメラアダプタ」を発売
Google Pixelの新たなレンダリング画像
BlackBerry未発表の「BBA100-2」がGCFの認証を取得

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。