体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガチめ韓国式の大衆焼肉! ドラム缶で肉焼いて、やかんでマッコリを注ぐのだ!【京都】

f:id:mesitsu_la:20160823152805j:plain

京の都に現れた韓式酒場

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。酒飲みです。いつもと違う場所で飲むのが好きです。「酒とアテがあればそこはアタイの居酒屋さん」とばかりに、河原やら漁港やら岩場やらで酔っぱらってきました。

そんな私のテンションをグイーッとアゲてくれる酒場があります。

その名も「ナグネコプテギ」。

「ナグネ」は気軽な酒場、「コプテギ」は豚の皮を意味する韓国語。

京都は川端仁王門にある韓国定食の名店「ピニョ食堂」の2号店です。

f:id:mesitsu_la:20160823152749j:plain

地下鉄東西線・京都市役所駅に直結したゼスト御池16出口が最寄り。

f:id:mesitsu_la:20160823152750j:plain

河原町通を北へ、徒歩約5分。韓国語の看板が目印です。外観だけ見ると本当に日本じゃないみたいだ!

店内に入ると……。

f:id:mesitsu_la:20160823152751j:plain

テーブルがドラム缶!

ポップな色に塗られちゃいるけど、ヤツはまごうことなきドラム缶。上部に埋め込んだ炭床で肉を焼くというスタイル、韓国ではおなじみの方法を踏襲しているんだそう。普通のテーブルじゃ飽き足らないあなたや私にぴったりではありませんか。

「ピニョ食堂」オーナーの全敞一さんが、「現地の雰囲気を楽しんでほしくて」と、調度品や器も韓国から仕入れて2015年にオープン。

f:id:mesitsu_la:20160823152752j:plain

店長は、全さんの従兄弟の張 秀亮さん(中央)。

こちらでは、基本的にお店のスタッフが肉を焼いてくれます。なぜなら、一般的な焼肉よりも難易度の高いネタが多いから。

f:id:mesitsu_la:20160823152753j:plain

まんまるドーナツのようでかわいいテーブル。付きだしでナムルの盛り合わせが出てきます。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。