ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界にたったひとつの婚約指輪にしたくて、山から金を掘るところから始めてみました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。

画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の上と決めていました。

一世一代、大掛かりなサプライズを成功させるため、彼にはある秘策が。Jaredさん渾身のサプライズはその「演出」ではなく、じつはその「モノ」の方にあったのです。

地元の山から金を採掘
正真正銘手作りのリング

数ヶ月前から同居生活を始めていた二人。結婚の意思を固めプロポーズのタイミングをうかがっていたJaredさんでしたが、どんな婚約指輪をあげてよいものか悩んでいたそうです。

そんな折、友人を介して金の採掘を趣味とする人物を紹介されたJaredさん。瞬間的にこれだ!と直感が走ったと言います。手作りの指輪ならよくある話。けれど、彼の壮大なプロジェクトはそう、地元コロラドの山から採掘した金を使い、文字通り一からお手製の指輪を作るというもの。

YouTube動画を教科書に
見よう見まねで完成

もちろん、金を掘り当てたこともなければリング作成の経験もありません。それでも友人の協力もあり、どうにか指輪に必要な金の採掘は叶った。さあ、問題はここから。

なんと彼、金を溶かして型に入れ、削って磨いての製造工程をYouTubeに投稿された鍛冶(鍛冶)加工動画を漁るように観て、すべて独学で作り上げてしまったんだそう。

別で用意したダイヤモンドを上手いことセットできるように、何度も何度もロウを流し入れて練習して、ようやく納得いく形になったんだ」。

手先が器用な人って、こういうとき本当にうらやましい。こうして完成した世界にたった一つの婚約指輪がこちら。

手先が器用な人って、こういうとき本当にうらやましい!

決行当日は快晴。非日常体験のサプライズ演出が見事にハマり、同乗する友人を立会人としたプロポーズは大成功。

ところでお二人結婚の予定は?Rachelさんによると、今のところまだまったく分からないんだとか。

だって彼、婚約でかなりハードル高くしちゃったからね」、ですって。Licensed material used with permission by Marla Keown

関連記事リンク(外部サイト)

【感動】プロポーズの瞬間を、「結婚指輪」の目線で撮影してみた
もうすぐプロポーズしてくれそうな、彼のサイン9つ
「夫婦はふたりでひとつ」ちょっとした秘密が隠された結婚指輪がステキ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP