ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

史上最もデンジャラスな「鉄道開通祝い」。走る列車の上で…

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スロベニア・ボヒニ鉄道開通110周年を記念して行われたエキシビジョンの模様がこちら。「ヨーロッパ随一の美しさ」との呼び声高い高山鉄道に、この日特別に用意された貨物列車が走った。

積み荷はトランポリン、セーフティマット、そしてバスケットゴール。

命知らずの
ダンクパフォーマンス

彼らはスロベニアのアクロバティック・ダンクパフォーマンス集団「Dunking Devils」のメンバーたち。結成以来10年以上の信頼関係で培った絶妙のコンビネーション、それなしには危険すぎるチャレンジを成立させることはできない。

それにしたって、いくら110周年のお祝いだからとは言え、この鉄道会社の寛大さに驚くばかり。

名声高い美しき景観も楽しみながら、手に汗にぎる超絶ダンクを楽しもう!なんて言いたいところだけど、彼らのパフォーマンスにしか目が行かないってば。

ポイントが切り替えられ、スピードを増していく列車。疾走する先に迫り来るトンネル。このあと、異次元のスラムダンクに男たちは雄叫びをあげながら暗闇の中へと吸い込まれていった…。

もちろん、続きは動画でどうぞ!Licensed material used with permission by Dunking Devils

関連記事リンク(外部サイト)

中国の鉄道橋。工事現場を捉えた映像にハラハラ・・・(動画あり)
新たなカルチャー発信地は、「鉄道高架下」にあり!
カメが原因で列車が遅延。解決したのは、やっぱり水族館!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP