ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ファン必見】ジェイソン・ボーンが大暴れ!シリーズ最新作よりド迫力の格闘シーン到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2002年の第一作『ボーン・アイデンティティー』以来、極限まで臨場感を追求したアクションシーンと、ノンストップで展開されるストーリーで、その後のアクション映画の新機軸となった、<ボーン>シリーズ。この度、10月7日(金)に日本公開される最新作『ジェイソン・ボーン』より、シリーズ一番の醍醐味、格闘シーンを映し出す本編映像が到着した。

https://youtu.be/hw1smPvJ7_E

今回到着したのは、ボーン(マット・デイモン)が、元同僚ニッキー(ジュリアン・スタイルズ)の遺したCIA機密情報が保存されたデータを調査するため、ハッカーのクリスチャン・ティソルト(ヴィツェンツ・キーファー)の元を訪れるシーンだ。調査中にティソルトから「手を組もう、腐敗した政府機関を打ち破く」と誘いを受けるのだが、「俺の狙いは違う」と断るボーン。するとティソルトは手元にあったダンベルで、不意打ち攻撃を仕掛ける。もろに攻撃を受けてしまうボーンだが、強靭な体で耐え、側にあった木の椅子の脚をへし折り、電光石火の如く反撃を仕掛けていくのだ! ”ボーン”シリーズならではの格闘シーンに仕上がっている。

『ボーン・アルティメイタム』(07)以来、約10年ぶりにシリーズに期間したポール・グリーングラス監督は、アクションシーンを演じきった俳優たちに賛辞を贈る。「ファンは”ボーン”シリーズ独特の世界を気に入っているから、登場するキャラクターはその世界観を観客に与える必要がある。だから、演じる俳優は役を完璧にものにして、ボーンとの関係に焦点を当てなければならない。結局、全員がジェイソン・ボーンを追いかけているからね。その上これまでの背景を理解し、アクションに挑まなければならない。そうして役に存在感を与えないとうまくいかないんだ。厳しい課題だが、キャスト全員が見事に成し遂げたよ」と語っている。

間もなくスクリーンに帰ってくるジェイソン・ボーン。最新作はファンが待ち望んでいたアクションシーンももちろん満載だ!

映画『ジェイソン・ボーン』は10月7日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国公開

(C) Universal Pictures

■『ジェイソン・ボーン』公式サイト
BOURNE.jp

関連記事リンク(外部サイト)

世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
​ブラッド・ピットは下半身裸で演じた!映画『ファイトクラブ』7つの真実
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP