ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『七人の侍』『荒野の七人』リメイク作品『マグニフィセント・セブン』が全米初登場1位! 3日間で興収3500万ドル突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

黒澤明監督代表作『七人の侍』(54)、そして『七人の侍』のハリウッドリメイク版となる『荒野の七人』(60)。これら最高峰の名作たちを原案として、『イコライザー』(14)、『サウスポー』(15)など、重厚な男たちのドラマを描いてきたアントワーン・フークア監督のもと、デンゼル・ワシントン、クリス・プラット、イーサン・ホーク、イ・ビョンホンなど、個性&国際色豊かな豪華キャストが集結し、リメイクされた『マグニフィセント・セブン』がついに9月23日(金)、全米で封切られ初登場1位という輝かしいスタートを切った(日本公開は来年1月)。

先週末23日に全米3,674館で公開された『マグニフィセント・セブン』は、週末3日間(9月23日〜25日)の興行収入約35億2800万円(35,000,000ドル ※Box Office Mojo調べ/1ドル=100.8円換算)となり”全米初登場1位”を獲得する大ヒットスタートを切った。

1951年に『羅生門』が金獅子賞を受賞し、黒澤明が世界に見出され「世界のクロサワ」となる契機となったヴェネツィア国際映画祭。本年のクロージング作品には本作『マグニフィセント・セブン』が選ばれ、大絶賛を浴びた(ちなみに1954年に銀獅子賞を受賞した本作の原案『七人の侍』も、本年のクラシック部門にて上映され今年の同映画祭は”クロサワ祭り”に!)。

さらに、アカデミーの行方を占う映画祭として、世界中のマスコミが大挙して押し寄せるトロント国際映画祭では、オープニング作品として本作のワールドプレミア上映を実施。早くも2017年度アカデミー賞最有力候補との呼び声が高まっている。

そんな中での全米1位スタート! まさにいま、世界中で<マグニフィセント・セブン旋風>が巻き起こっているのだ!約4か月後に迫った日本公開に早くも期待が止まらない!!!

映画『マグニフィセント・セブン』は2017年1月27日(金)公開


関連記事リンク(外部サイト)

世界も認めたBABYMETAL「恐ろしく上手い」バックバンドの中の人とは?
世界最高齢か?! インドネシアに145歳のおじいさん現る 長生きの秘訣は「忍耐と余裕」
全員ワル!FBIも恐れたバルジャー率いる地獄のギャング集団「ウィンターヒル"ギャング」 【映画『ブラック・スキャンダル』集中連載①】
​ブラッド・ピットは下半身裸で演じた!映画『ファイトクラブ』7つの真実
放送事故かよ!元プロ野球・加藤秀司の「わからない」連発の神解説がスゴすぎる

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP