ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

傷あり・なしで、ゲーム買取の査定基準はどう変わるか?

  • ガジェット通信を≫

問題は「状態」なのです!!どれだけ人気がある商品でも、状態が悪ければ買ってもらえません。ゲームの場合は、プレイできることが大前提。プレイできないような状態のゲームソフト、例えば「傷あり」ならば、買取ってもらえないのが当たり前なのですが……買取る側も人間だけに、その状態を見極める上でも、常に一定の基準があるわけではありません。その状態によって、買取はどのように変わるのか?今回はそんな考察であります。

ゲームの査定基準とは


人気の有る・無し

需要と供給のバランスで市場価格が決まるのは、経済の大原則。これは中古ゲームの世界でも当然同じです。査定基準で最も重要視されるのが需要と供給、ショップごとに落とし込んで考えるなら在庫の量、簡単に言うなら人気のある・なしです。例えば、爆発的なセールスを記録したようなゲームソフトは概ね安い買取価格となっています。

状態の良し・悪し

新品の状態に近ければ近いほど、買取価格も高くなる。これはリサイクルの世界の大原則。もちろん中古ゲームの世界でも当てはまります。パッケージ、付属のブックレット、限定版ならフィギュアなどの特典。これらゲームに含まれるもの全ての状態が問われます。

例えば、FC版の「スーパーマリオブラザーズ」681万本というメガヒットを記録し、その後幾度となくリメイクが繰り返されてきたゲームソフト。普通に考えるならば、買取価格は限りなくゼロなのですが、新品未使用という条件を満たしていれば1万円以上が見込めるのが好例です。

とりわけ盤面の状態について

ゲームソフトはICを内蔵したカセットから、CD、DVD、そしてブルーレイの円盤へと記憶媒体を変化させています。この円盤、製造コストも低いのでゲームメーカーにも歓迎されましたし、大きさもコンパクトなのでユーザーも喜んでいます。この様に非常に優れた媒体ではあるのですが、傷が付きやすい……ここが問題なのです。

多少の傷があっても問題なくデータが読みだせる。これが円盤状の媒体に共通した強みなのですが、データの読み取りができなくなった場合はどうしようもありません。

面や傷の状態によるダメージ

「レーベル面」はタイトルが印刷されている面、「盤面」はピカピカと輝いている面。データが記録されているのはレーベル面になっていますから、こちら側の傷は致命的、逆に盤面からデータを読み出すのですが、樹脂によってコーティングされているので傷には強くなっている上に、研磨することでクリーニングが可能。ですから、ディスク面の傷は減額なしで買取をおこなっているショップが多いのです。

しかし、修復不可能な傷は減額の対象、もしくは買取不可となってしまいます。例えば貫通など傷が深い場合、同心円状に傷が付いている場合。これは両方とも致命的な傷なのです。

買取店の査定基準比較

出典:アマゾン

それでは、ゲームソフトに傷がある・なしでどのような扱いになるのか、買取価格比較サイト「ウリドキ」に掲載の主な16のショップについて調査してみました。もしも見落としがあった場合は、ごめんなさい。

減額なしのショップ

読み取り可能な軽度のディスク傷ならば、買取可とHP上で明言しているショップが以下になります。

ブックセンターいとう
買取ゲート
リバティ鑑定倶楽部
駿河屋

記載なしのショップ

以下は、HP上にディスク傷についての記載が見当たらなかったショップです。

日本全国買取ドットコムみっけ
お宝創庫・ファミーズ
エコリング
アシスト
買取りマクサス WEB買取事業部
あおば堂
ネットオフ

傷は不可のショップ

傷がある場合は、買取不可となっているショップです。しかし、微細な傷ですらダメかというとそうではありません。

例えば「ゲオ」では傷は不可となっていますが、「当店基準で商品価値が保てるキズと判断した場合のみ買取」という表現を使っており、似たような表現は他のショップにも見られます。

ネットオフ
メディア買取ネット
ブックオフオンライン
ゲオ

減額あり

ディスクの状態で掲示している買取価格より減額になる場合があると明言しているショップです。

ビーボタン

さてさて、傷の扱いによって4つのカテゴリーに分けたものの……結局「プレイできないレベルの傷と判断されてしまった場合は買取ってもらえない」ということなんですよね。ゲームを買取しているような所ならば、どんなショップでも、小キズを研磨する機械ぐらいは備えていますし、それで修復できないような傷と判断されたら、そこで買取は不可がほとんど。つまりは、査定する人の主観によるということになります。

傷ありのゲームの場合、減額はどのくらいか?

出典:ドラゴンスター

傷による減額の割合まで明記しているショップはほとんどありませんが「ドラゴンスター」は、そんな数少ないショップの一つです。

ドラゴンスターはソフトに大きな傷があった場合、対応ハードによって美品の買取価格から、例えばPSの場合は50%の、PS2の場合は40%、PS3や4の場合は20%の減額としています。ちなみに、この場合の大きな傷とは「ディズクの盤面に深く付いた傷、ボールペンなど先の尖ったもので突いたような点型傷」とのこと。プレイ不可のものは、ドラゴンスターでも買取不可となっています。

少しでも高く売るこつはあるか?

ゲームソフトは傷がひどいと買取ってもらえない、もしくは減額されてしまうものです。しかし、その傷がひどいかどうか判断するのは査定担当者、誰が見たかによって買取価格に多少のブレが生じることは充分考えられます。

あるショップでは買取不可だったけれど、もしくは傷ありを理由に減額されたけれど、他のショップでは減額なしで買取ってくれたというケースもあり得ますので、複数のショップの査定結果を比較するのは必須。まあ、傷あり・なしの場合だけではないのですが。

まとめ

出典:アマゾン

ゲームのディスクを研磨して傷を修復する機会は、今ちょっと調べただけでも数千~数万円まで非常に幅があります。性能も値段なりのようですから、高額な修復機を持っているショップほど、傷ありでも問題なく買取ってくれるということでしょう。

ただし、先にも書いたとおりレーベル面の傷に関してはどれほど研磨しても、修復はまず不可能だそうで……そこまで行ってしまっては、どこも買取ってはくれません。ゲームのソフトは傷が付きやすいものだけに、取り扱いは慎重に。高く売るためにも、長く楽しむためにも必要なことなのです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP