ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「なんとかして旅を仕事にしてやるわ」。NYのトラベルブロガー、JESSIEの話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のことではありません。

ニューヨークを拠点に活動する旅ブロガーのジェシー・フェスタは、やりたいことを仕事として実現させた希有なひとりです。ちなみに彼女のブログのタイトルは「JESSIE ON A JOURNEY」。

思ったより激務!
「旅ブログ」運営のウラ側

「大学在籍中にヨーロッパ、南アメリカ、東南アジアなんかでバックパッカーをしていたんだけど、卒業後は修士号を活かせる「普通の仕事」に就くと思っていたみたい。でも9〜17時の仕事をして休日だけ旅行を楽しむ、なんていう生活には我慢できなかったの。

だから、なんとかして『旅行を仕事にできないか』って調べ始めたわ。

(ナミビアにて)

「まず、充分な収入になるまで、精力的にブログを更新し続けたわ」と、ジェシー。一番大事だったのは、タイムマネジメントだったそうです。

「一人じゃ絶対無理だったわ。ビジネス成功の秘訣は、助けを求めることを厭わないこと。私には、アシスタント、食べ歩きとカルチャーを担当する作家、エンジニア、バックアップツアーガイドがいるの。もちろん、ソーシャルメディアをまとめて管理・分析するツールなんかも使っているわ。リマインダーは紙のカレンダーとグーグルカレンダーで管理、TODOリストはポストイットでね」

そんなジェシーのお気に入りは「竹富島」

彼女がとくにオススメしている地域のひとつが「沖縄」。さらに言うと、さすがトラベルブロガーだけあって、離島の「竹富島」がお気に入りだとか。彼女のブログにはこう紹介されています。

「日本の文化はしっかりと保存されていて、とても素晴らしいと思う。なかでも、少ない人口、赤い屋根瓦、平屋建ての家、狭さ、サンゴの砂の道、サンゴが並ぶヤードとローカルな食事で健康的な生活を送れる竹富島が大好きだわ。

この島の住民は、世界最古のライフスタイルを送っていると言われていて、それが健康や長寿の秘訣だそうよ!」

珊瑚礁に囲まれた竹富島は、石垣島から高速フェリーで10分。竹富島憲章では、新築でも赤い瓦を使うようにと指定されているとのこと。

(スロベニアにて) 

(ニカラグラにて)

ジェシーは、自身のサイトで「トラベルブロガーになる方法」や「ニューヨーク暮らしの写真」など様々なコンテンツを配信中。

自分の好きなことを本気でやれば、仕事になる。こんな人生もありでしょ?Licensed material used with permission by Tracy’s NewYork Life

関連記事リンク(外部サイト)

キャリアや仕事よりも、「旅」が人生を充実させる14の理由
あなたの目的に合わせた「オススメ旅先11選」 贅沢な旅ならタンザニアへ!
「自由に旅するために努力をしたんだ」。2年間で50ヶ国を回った、21歳の旅人

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP