ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AWA、8月の再生回数1位はジャスティン・ビーバー「Sorry」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

音楽配信サービス・AWAは9月26日、「2016年8月の月間楽曲再生回数ランキング」を発表。ジャスティン・ビーバーの「Sorry」(2015年11月13日リリース)が初の1位を獲得した。

ジャスティン・ビーバーは8月13日・14日に、3年ぶりとなる来日公演を千葉・幕張メッセにて開催。開催日が近づくにつれ徐々にAWA内での再生回数を伸ばしたほか、ユーザーが来日公演に先駆けて予習プレイリストを作成するなど、同アーティストの来日をプレイリストの作成を通して歓迎する様子が伺えた。

続いて、JYの「好きな人がいること」(2016年8月31日リリース)が初登場2位を獲得。同楽曲は、フジテレビ系月9ドラマ「好きな人がいること」の主題歌であり、JYがドラマの収録現場に表敬訪問するなど、放送中のドラマとの連動した取り組みが話題となっている。

また、平井 大の「Slow & Easy」(2015年5月6日リリース)が前月から急激に順位をあげトップ3にランクイン。

7月から9月にかけて同アーティストの全国ツアー「平井 大 Live Tour 2016 〜Life is Beautiful〜」が開催されたことや、都市型ロック・フェスティバル「SUMMER SONIC 2016」、AWAがメディアパートナーとしてサポートした音楽フェスティバル「Sunset Live 2106」など、多くの夏フェスに出演したことを受けて人気を集めたことが伺える。

また、「2016年8月のアーティスト別再生回数ランキング」では、AAAが1位を獲得。AWAでは8月17日よりAAA女子メンバー・宇野実彩子&伊藤千晃(MisaChia)がキラキラと輝く恋心を歌ったラブソング「Jewel」を独占先行配信。

今回の先行配信をきっかけに、新曲だけではなく、これまで同アーティストがリリースした過去の人気楽曲に関しても、配信前と比較し2倍以上の再生されており、その結果、8月の1カ月間で最も多く再生されたアーティストとなった。

これはユーザーが作成するプレイリストに新曲だけでなく、あわせて旧譜が多数採用されたことにより、再生回数を大きく伸ばしたことがわかった。

なお、AWAではAAAのデビュー記念日である9月14日に第2弾としてAAAの全メンバーによるラブバラード「涙のない世界」の独占先行配信を開始、さらに9月20日から9月26日までの間メンバーがAWAオフィシャルアカウントにて、AAAメンバーによる限定ボイスメッセージを収録したオリジナルプレイリストを毎日日替わりで公開中。

関連リンク

AWAhttp://awa.fm/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP