ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

宇多田ヒカル、ラジオ特番「宇多田ヒカルのファントーム・アワー」が10/11よりオンエア

DATE:
  • ガジェット通信を≫

宇多田ヒカル8年ぶり6枚目のオリジナルアルバム「Fantôme」の発売を記念したラジオ特番「宇多田ヒカルのファントーム・アワー」が全国AM、FM、短波 民放ラジオ101局にて10月11日よりオンエアされる。

1998年デビュー曲「Automatic」が全国のラジオ局のパワープレイを数多く獲得し、当時一気にブレイクした宇多田ヒカル。彼女自身、アーティストデビューよりもラジオDJデビューのほうが早かったと自負するほどのラジオ好きで、人間活動中の2013年からの1年間もセルフプロデュースによるレギュラー番組「KUMA POWER HOUR」を担当するなど、デビュー以来、絶えずラジオと親密な関係性を保ってきた。

2016年10月11日よりradiko.jpで開始する新サービス、ラジオを過去1週間聴きなおせるタイムフリー聴取機能と聴いているラジオ番組を手軽に誰かとシェアできる「シェアラジオ」のスタートにあたって約2年半ぶりに宇多田ヒカルがラジオに登場。単独アーティストの番組が全国101局でオンエアされるのはラジオ史上初めての試みとなる。

宇多田ヒカル本人による選曲や構成はもちろんのこと、タイトルコール、ジングルからBGMまで、すべて本人が制作、プロデュースしている。番組中ではニューアルバム「Fantôme」からの新曲を1時間にわたって自らの言葉で紹介していく。

番組情報
シェアラジオ特別番組(民放ラジオ特別番組)「サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー」
放送期間:2016年10月11日(火)12:00〜10月17日(月)まで
放送局:民放ラジオ 101局
出演:宇多田ヒカル
番組特別ページ:http://shareradio.jp

関連リンク

宇多田ヒカル オフィシャルサイトhttp://www.utadahikaru.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP