ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

激動の“サムライシティ”! 福島県会津若松市【現在はどうなっているの?】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本史の教科書によく出てくる地名。現在ではどんなスポットになっているのか気になりませんか。今の様子を知れば、さらに理解が深まるかも! 当時と現在の様子やおすすめポイントをご紹介します。

福島県西部の会津地方にあり、一帯の中心都市として栄える会津若松市。この地は、“サムライシティ”の呼び名もあるほど、サムライスピリットが今も息づく場所です。

今回は福島県会津若松市についてご紹介します。

今回のスポット

住所:福島県会津若松市

人口:約12万3000人(2016年8月)

激動の幕末

会津藩最後の藩主だった松平容保(まつだいらかたもり)。容保が歴史に名を残すことになったのは、京都守護職就任がきっかけです。幕府から京都守護職を命じられ、不穏な京都の治安を任されることになりました。

1868年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに戊辰戦争が始まり、薩長を中心とする新政府軍は各地で旧幕府軍を破ると、江戸の無血開城後には東北地方に押し寄せました。標的となった会津は激しい攻防の末、ついに降伏します。この過程で白虎隊の自刃などの悲劇が起きました。

この戦いで、新政府軍の猛攻から1カ月もの間耐え抜いた難攻不落の名城「若松城」は、現在公園として一般開放されています。ちなみに、2015年には天守閣再建50周年を記念にして展示室が全面リニューアルされたばかり。

野口英世ゆかりの地

千円札に描かれている人物といえば、誰だかわかるのではないでしょうか。会津若松は、そんな野口英世が青春時代を過ごした地でもあります。

大火傷を負った野口英世は、会津若松にある「会陽医院」という病院で治療を受けます。そして医学の素晴らしさに感銘を受け、のちに会陽医院に弟子入りをし、医学の道に励んだのでした。

会陽医院は現在も残っており、1階は喫茶店、2階は資料館になっています。建物の前の通 りは「野口英世青春通り」。野口英世が洗礼を受けた教会や、初恋の人・山内ヨネの家も現存しているので、いまなお見どころがいっぱいです。

サムライシティ・会津若松にはこの他にも「會津藩校 日新館」や「会津武家屋敷」などの歴史を感じさせる要素がいっぱい。また、歴史の名所だけでなく、東山と芦ノ牧の温泉やB級グルメ「ソースカツ丼」も人気です。歴史の跡を感じながら、ぜひ一緒に楽しみたいですね。

バックナンバー 『真田丸』で今注目の長野県上田 芭蕉『奥の細道』のゴール! 水の都・岐阜県大垣市 五街道のスタート地点! ビジネス街として栄える東京都日本橋 カリスマ・天草四郎が散った地…… 自然に恵まれた半島、長崎県島原 黒船来航に「三笠」も! 戦艦マニア注目の横須賀市

バックナンバーをもっと見る

関連記事リンク(外部サイト)

深層心理がまるわかり!? 「ココロ診断サプリ」 ~あなたがひそかに憧れているひと~
高校生のお気に入りアプリを徹底調査!vol.3【スマホの中身インタビュー】
数多の傑物が育ったふるさと 山口県萩市【現在はどうなっているの?】

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP