ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

在宅看取りマニュアル 死の1週間前の家族の準備と心構え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 在宅死を望む高齢者は5割もいるものの(内閣府調査)、家族は看取りの経験も知識も乏しく、不安を抱えている。そうしたこともあってか、病院で死ぬ患者の数は欧米諸国では約50~60%だが、日本は約80%近い。そんな家族のために、看取りの手順などをまとめた小冊子を用意する医療機関や介護施設が増えている。

 そこには分かりやすい言葉で、死の1週間前から現われる兆候や、臨終間際に見られる動作、そして他界直後に家族が取る行動などが記されている。そこで実際の資料と在宅専門医や看取り実績が豊富な老人ホームの協力をもとに作成した「お別れパンフレット」から「亡くなる1週間前に何が起こるか、どう対処すべきか」を紹介しよう。

──食事が摂れなくなっても、無理せず食べたいものだけ食べさせてください

 死の1週間前頃から食欲や咀嚼・嚥下機能は著しく低下し、食べ物をほとんど受け付けなくなる。これは人間の自然な衰えだという。在宅医療に力を入れるたんぽぽクリニック院長の永井康徳氏が説明する。

「食事や水分を口からほとんど摂取できなくなったら、“(亡くなるまで)およそ1週間です”と伝えています。この頃になると、水分は1日500ml以上は摂れなくなります。食事も無理に食べさせなくてもいい。食べたいものがあれば、それを食べさせればいいんです」

 無理強いすると消化不良や嘔吐を招き、不要な苦痛を与えかねない。この段階では家族から点滴の要望が増えるというが、これも身体がむくむなど本人にとって苦痛になることがあるので、注意する必要がある。

──眠っている時間が長くなりますが、無理に起こす必要はありません

 食欲低下とともに、一日中ウトウトと眠っている「傾眠状態」と呼ばれる時間が増える。この間は“天然の麻酔”が効いているのと同じで、本人にとっても心地良い状態。

「心配して揺り起こしたりせず、眠らせてあげるのがいいでしょう」(同前)

──内服薬が飲めないなら、貼り薬や座薬に変更してください

 嚥下機能の衰えによって、飲み込む行為が辛くなることもある。内服薬を無理に飲ませる必要はなく、貼り薬や座薬タイプに変更するよう医師と相談してもいい。症状を和らげるための薬が逆に苦痛を生み出しては本末転倒である。

──呼吸が荒く、手足をバタバタさせ、意味不明なことを言い始めても動揺しないでください

 在宅医療専門のホームオン・クリニックつくば院長の平野国美氏の話。

「亡くなる1週間前になると、呼吸が間延びして無呼吸状態が続くなど、リズムが乱れます。死期が近づくと起きる現象なので、慌てる必要はありません。

 家族の名前がわからなくなったり、辻褄の合わないことを言い始めたり、興奮して手足をバタバタさせ始めることもありますが、肝機能の低下や脳内麻薬のエンドルフィンが分泌されたことなどによる自然経過の一つなので、豹変ぶりを嘆かずに温かく見守ってあげてほしいです」

 いずれも酷い時は在宅医や訪問看護師に薬を処方してもらい、症状を抑えることも可能だ。

──苦しそうな表情をしていても、慌てて救急車を呼ぶ必要はありません

 苦しそうにしている姿を見れば、反射的に救急車を呼んでしまいそうだが、前出の永井氏は「慌てないことが肝要」だと言う。

「すぐに救急車を呼ぶのではなく、まずは信頼できる在宅医か訪問看護師などに連絡してください」

 救急車に乗った時点で「あらゆる方法での救命治療を希望する」という意思表示と受け取られ、在宅での自然死を迎えることが叶わなくなる可能性もあるからだ。

 さらに到着前や搬送中の車内で死亡すると、医師による診断ができないため、一旦、死因不明として救急隊員が警察に連絡。遺体は病院に運ばれ、警察による検視・解剖を受けることにもなりかねない。

※週刊ポスト2016年10月7日号

【関連記事】
受けてはいけない在宅医療 「救急車呼べ」と言われることも
海堂尊の医療シリーズ最新作は破綻寸前病院の再建に挑む物語
悪質妊婦 救急車で「痛ぁあい!」と叫び出産後未払いで逃亡

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP